【15日(木)臨時休業】

 

10月13日(火)

皆さんこんにちは。

穏やかないいお天気です。

10月15日(木)は臨時休業しますm(__)m

よろしくお願いします。

今日の記事

確かに似てるな・・


吹石一恵似と話題…藤谷文子は“福山特需”でチャンス到来か

 歌手の福山雅治の結婚で、妻となった女優の吹石一恵と「似ている」とネット上で話題になっている。

 きりっとした目元や、輪郭、白い肌などの外見、さらに共に大阪府出身で年齢も近く、デビューもどちらも13歳、父親が有名人というのも共通している。吹石の父は元近鉄バファローズの内野手・吹石徳一、藤谷は「沈黙の戦艦」などの作品で有名なハリウッドスター、スティーブン・セガール。吹石は空手、藤谷は合気道と、格闘技が特技という共通項もある。

 2005年渡米。現在は、ロスと日本に拠点を構え、女優だけでなく作家として活動している藤谷は、これまでほとんど目立たなかった。福山の結婚が思わぬチャンス到来となるかもしれない。

 79年12月7日、大阪市生まれ。武道を習うために来日していたセガールと、合気道道場の娘・藤谷美也子さんが75年に結婚。翌年に兄、そして3年後に藤谷が誕生した。83年にセガール帰国、86年離婚。母親の美也子さんは、合気道を教えながら2人の子供を育てた。藤谷はハリウッドスターを夢見て、合気道とバレエを習う少女だった。

13歳の時にCM「三井のリハウス」に出演。95年映画「ガメラ 大怪獣空中決戦」のヒロイン草薙浅黄役で女優デビュー。おおさか映画祭新人賞を受賞した。96年公開の「ガメラ2 レギオン襲来」と99年公開の「ガメラ3 邪神覚醒」でも同役を演じ、順調に女優へのステップを踏んでいた。

 だが高校生の頃、リハウスの清純で優等生的なイメージを払拭したいと渡米を決意。父親のセガールを頼ってロサンゼルスに留学した。編入試験に合格するものの翌日から登校拒否。引きこもりになったが奮起して個人レッスンや独学などでひたすら英語を勉強した。99年帰国。留学中の経験から「やりたい仕事は待っているだけでは現れないから、自分から動くようにする」というアクティブな姿勢に方向転換。

 翌年、米国滞在中に執筆した小説「逃避夢」が、「エヴァンゲリオン」の庵野秀明監督を触発。「式日」として映画化され、自ら主演も務めた。06年、ジークフリード監督のフランス映画「サンサーラ」(カンヌ映画祭招待作品)に出演。ポップな役を精力的にこなし、10年には3人の鬼才監督が東京を舞台にした競作映画「TOKYO!/インテリア・デザイン」(ミシェル・ゴンドリー監督)で主役に抜擢され、さらに14年のロサンゼルス映画祭やサンディエゴ・アジア映画祭などで最優秀長編作品賞を受賞したデイヴ・ボイル監督の「リノから来た男」でも主演を務めるなど、国際的な活躍が目覚ましい。

 中島らもが晩年に率いたバンド「FATHER’s GIRLS」のメンバーの一人。大槻ケンヂと「映画お悩み相談」のDJを務めるなど、サブカル活動も盛んなだけに、福山“特需”で再ブレークしそうだ。


今日の逸品  

牡蠣フライ 自家製タルタルソース 

これからが美味くなる季節です。