【S・A・E・K・O]

 

10月24日(土)

皆さんこんにちは。

関東は寒いみたいですが関西は暖かいお天気が続きます。

今日の記事

どうでも良いネタですが・・

資産2000億円の会社社長と熱愛 紗栄子の「魔性」を多角分析

 資産2000億円社長と熱愛発覚――。米大リーグ・レンジャーズのダルビッシュ有の元妻でモデルの紗栄子が今週、大手ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」の運営会社スタートトゥデイ社長の前沢友作氏と交際していることが分かった。

 日本人メジャーリーガーの次は実業家の大金持ちだ。確かに28歳にしてはキュートな顔立ちだが、飛び切りの美人というワケではない。オマケにシングルマザーで2人の子持ち。決して“好条件”とは思えないのにまたまた大物ゲットだ。なぜ、彼女ばかりがモテるのか?

■トロフィー・ワイフの素質

「成功した男性は“トロフィー・ワイフ”、つまり、連れて歩くのに誇らしく思える女性が好き。スポーツ選手やプロデューサー、創業者など一代で上り詰めた男性がそう。一緒にいて人に紹介しやすいためで、上流家庭の出身者、アクセサリーや身のこなしがエレガントな女性を選びます。紗栄子さんは宮崎の名家の娘さん。まさにそのタイプなのでしょう」(心理コーディネーターの織田隼人氏)

実家は宮崎駅前で美容サロンを営む。本人のブログによれば「父親の還暦パーティーには全国から友人が駆けつけた」とか。人脈の広さがうかがえる。叔父は元衆議院議員で、地方出身だが毛並みの良さはピカイチだ。

■好印象な別れ方

 前夫・ダルビッシュとの別れ方にも、“いい女”ぶりが隠されていたという。

「ダルビッシュ選手とは『慰謝料なしの養育費のみ』で別れています。お金を巡る泥沼裁判も起こしていませんよね。お金持ちといえど、“お金目当て”かどうかは気になります。彼女の別れ方は、男性にとって“男に依存しない自立した女性”として好印象。仮に別れることになっても、ドロドロしないと安心できるのです」(夫婦問題研究家の岡野あつこ氏)

 確かに、“面倒なオンナ”は魅力ゼロだ。

■流行に敏感で高級志向

< span class="article_body" style="margin: 0px; padding: 0px; border: 0px; outline: 0px; font-size: 16px; vertical-align: baseline; background-image: initial; background-attachment: initial; background-size: initial; background-origin: initial; background-clip: initial; background-position: initial; background-repeat: initial; font-weight: bold;">「紗栄子さんは自身のブログで、ファッションコーディネートや美容の話題などを紹介しています。高品質のモノが好きだったり、知識の広さやセンスの良さが表れていますが、成功者のような“意識高い”男性も流行に敏感。何とか『彼女を満足させたい』と思い、食事の店選びなどにアレコレ気を配るのです。こうしたことを繰り返すうち、男の方から彼女にハマってしまうのです」(「婚活難民」などの著書がある恋愛作家・にらさわあきこ氏)

■「確実に財産築く」人気占い師も太鼓判

 デリコ推命術でお馴染みの占い師、クリスティーン・デリコの見方はこうだ。

「紗栄子さんは“プライド星のハード”、別名“お姫さま星”です。一言でいうと、優雅で誇り高い完全主義者タイプ。少々のことでは動じず、生まれながらにして気品に満ち、清廉潔白です。異性の前でも態度や話し方が変わらないため、裏表のない素直な性格に好感が持たれます。

また、忍耐強く執着心も強いので、欲しいモノを手に入れるために“待つ”ことを苦にしません。さらに男性的な芯の強さの中に、家庭的で甘えん坊の一面も持つ。男性が放っておかない女性といっていいでしょう」

 規則やルールを重んじるので、お金の管理に関してもムダやスキがなく、確実に財産を築くという。同じ星の有名人には黒木瞳、真木よう子、高岡早紀らがいる。

▽紗栄子のプロフィール
【生年月日】1986年11月16日
【出身】宮崎県宮崎市
【学歴】堀越高校卒、早大人間科学部通信教育課程3年時中退
【職歴】モデル、女優(活動期間2001年~)
【結婚歴】バツイチ(07年11月~12年1月離婚成立)、2児の母
【身長】157センチ【血液型】O型


今日の逸品 

北海道ぼたん海老   

朝まで生きてました。

ご来店お待ちしております