【日本S連覇】

 

10月30日(金)

皆さんこんにちは。

圧倒的な「余裕」のある勝ち方

内川選手は他の選手から慕われていたんですね。

今日の記事

カネ・人・モノが揃った

年俸だけじゃない 王手ソフトBとヤクルトにケタ違いの格差

「4戦目に4億円投手が先発。凄いですよ」

 こう言って苦笑いするのは、ヤクルトのある選手。

 ソフトバンクとヤクルトとのシリーズは、下馬評では圧倒的な戦力を擁するソフトバンクが4連勝するとの声もあった。事実、2球団には大きな「格差」がある。

 年俸総額はソフトバンクが12球団トップの約46億3400万円(ヤクルトはその約6割の約28億660万円)。28日に先発した摂津が年俸4億円で、4番の李大浩も4億円。肋骨骨折でリタイアした内川は年俸3億円。二軍には松坂(4億円)ら高給取りがゴロゴロいる。ヤクルトはFAで獲得した成瀬(2億円)、助っ人のミレッジ(2億3000万円)が戦力になっていないのはご愛嬌だろう。

 本拠地のヤフオクドームは球団所有。敷地面積はドーム球場としては日本最大の約6万9000平方メートル。ロッカーは昨年、約4000万円をかけてメジャー式に大改装された。二軍施設も筑後市に球場や寮などを建設中で、総工費は約50億円。来春にはオープン予定だ。大学野球と併用で神宮を借りているヤクルトはおろか、巨人、阪神をもしのぐ。

「選手年俸は公に出ている金額よりも高いといわれ、今季9勝無敗のバンデンハークも、2億とも3億ともいわれる移籍金を積んで巨人との争奪戦を制した。選手には球団からiPhoneとiPadが支給され、通信料は10万円まで使い放題。対戦相手の映像データなどをチェックするためですが、大半の選手は使いきれないそうだ」(ホークスOB)

 ソフトバンクの春季キャンプの宿泊先は宮崎屈指の外資系の高級ホテル。一軍メンバーは広々とした個室が割り当てられる。一方のヤクルトは那覇市内の高級ホテルで、若手選手は1室2人で相部屋。今春キャンプでは、昨季、右打者としての最多安打記録(193本)を放ってブレーク、今季は「トリプルスリー」を達成した山田も、キャンプ途中まで他選手と相部屋だったという。

「ヤクルトは二軍の室内練習場が改築され、クラブハウスの食事も種類が豊富になるなど改善されつつあるが
、『手弁当』でやっている。マネジャー、用具担当らスタッフが打撃投手を手伝っているのが象徴的です」(ヤクルトOB)

セ・リーグ最強のヤクルト打線を封じ込め、2年連続7度目の日本一に輝いたソフトバンク。あまりの巨大戦力に他球団から聞こえてくるのは「巨人のV9を超えてもおかしくない」という嘆き節だ。

 あるパのコーチは「今季のドラフトがまさに『ふざけるな!』でしたよ」と、苦笑いする。

「ソフトバンクは育成を除けば6位まで指名して、全員高校生でしょ。つまり、今の主力で3、4年は戦えるということじゃないですか。あれを余裕と言わずして、何と言うんですか」

 これにソフトバンクOBが応える。

「そうはいっても、二軍でも岩崎や東浜ら、若い投手陣が出番待ちをしているくらいだからね。日本シリーズで中継ぎを務めた千賀だって、本来は先発。野手もイキのいいのがゴロゴロいる。即戦力選手を指名しないのかと言われても、現時点で彼らを超える選手でもなければ、獲得してもファームの肥やしになってしまう」
パが5位までを独占した交流戦の結果を見るまでもなく、セとパの実力差は開く一方。この5年間で3度の日本一と、そのパの中でもソフトバンクの力は抜きん出ている。もはやセ6球団のみならず、パの5球団も白旗ではないか。

 前出のコーチは「やられっぱなしというわけにはいかない」とこう話す。

「来季のソフトバンク戦は最初のカードが勝負。3連敗してもいいから、奇襲、奇策など何でもして、『今年のあの球団はここまでやるのか』と警戒させなければいけない。正攻法で戦っても勝てないのはわかっている。下手に正面からぶつかって3連敗しようものなら、選手の心が折れますからね」

 それでも来季、ソフトバンクが3年連続日本一になれば、「CSも日本シリーズもやる意味なし」との声が出てくるに違いない。


今日の逸品 

高級珍魚

赤ヤガラ  

三分の一が口ばし

けったいな魚ですが身は淡白で甘味が有り美味です。

薄造りのポン酢でご笑味ください。

だな