【スタッフ募集】

 

11月16日(月)

皆さんこんにちは。

いいお天気ですが明日の夕方から雨

今日の記事

韓国の女優、アイドル皆顔が同じだな

2億円は凄い!

プロが「決定差」解説 女王イ・ボミにあって日本人にないもの

【伊藤園レディス】

 初日から首位キープのイ・ボミ(27)が完全Vで今季6勝目を挙げ、2試合を残して初の賞金女王タイトルを獲得した。賞金額は日本女子ツアー初の2億円超えとなる2億781万円になった。

 それにしても強い。3日間でボギーは1つだけ。

 最終日も3バーディー、ノーボギーと崩れなかった。単独3位以内でもタイトルを手にできたが、後続に付け入るすきを見せず優勝で決めた。

 今季データを見ればイーグル数(1)こそランク44位だが、パーオン率、パーセーブ率が1位で、平均ストローク、平均パット数、平均バーディー数は2位と抜群の安定感を誇っている。

「日本国内でプレーしている限りイ・ボミは来年も賞金女王争いができるでしょう」と田原紘プロがこう解説する。

「ボミのスイングは完成度が高く日本人選手との違いがよくわかります。ボミは下半身リードのスイングで上半身の力が抜けている。下半身リードで手、腕、クラブがついて下りてきて再現性が高く、方向性に優れている。スイング軌道の中にボールがあって、インパクトが点ではなくゾーンで捉えている。ところが日本人選手の多くはインパクトをつくっている。だから勝負どころでフェースがかぶってくるのを怖がって右へボールを押し出すミスが出る。グリーンの左サイドに池が絡む17、18番で、最終日は左サイドに切られたピンに対して多くの日本人選手がスペースの広い右サイドへと逃げたのもスイング精度が問題なのです」

 日本ツアーはここ6年間で韓国人プロが5度も賞金女王に立つ。日本人プロはこのままトップに立てないのか?

「試合を見てもわかりますが、日本人選手がユーティリティークラブを手にするところで、ボミはアイアンを使っている。それだけボールを高く上げるパワーがあるわけです。ボミにプレッシャーをかけるとしたら、テレサ・ルーかアン・ソンジュの2人でしょう。日本ツアーのトップは外国人プロが競り合っているという状況に変わりはありません」(前出・田原プロ)
外国人プロの天下が、これから先何年も続くわけだ。


今日の逸品  

鹿児島産 天然本まぐろ赤身  

香りがよいです。お造り、寿司の握りでどうぞ! 

<アルバイト・パート急募  >  


時給 850円~ 

時間 18:30~23時までの間で相談

   (その日の繁忙によります)

   週2日~(都合相談に乗ります)

資格 20歳~50歳位で明るく元気な方

待遇 未経験歓迎、制服貸与、超美味い賄い付、

   二輪通勤可

   出来れば山科エリア近辺方で。

 

ブログをご覧の方でどなたかご紹介頂ければお願い致します

075-595-2330 寺山まで