【CEOの娘】

 

11月28日(土)

皆さんこんにちは。

今朝も冷え込みました。

食べ物美味しい季節です!

皆様のご来店お待ちしております

今日の記事


「相場操縦」に関与か 父・村上世彰氏を慕う長女CEOの“素顔”

 証券取引等監視委員会は村上世彰氏の長女で、村上家の資産を管理する投資会社「C&Iホールディングス」CEOの絢氏の関与についても疑っている。

 今年6月、27歳の若さでCEOに就任した絢氏は、クリッとした目元が父とソックリ。普段はLINEでやりとりしながら、世彰氏に投資のアドバイスをあおいでいるというが、父親をかなり尊敬しているようだ。

 村上氏について数々のリポートを発表してきたジャーナリストの高橋篤史氏が言う。

「村上氏は東大時代、聖心女子大に通う今の夫人と知り合い結婚。3男2女に恵まれました。彼には子煩悩の一面があり、中でも最初に生まれた絢氏を溺愛したといいます。逮捕された村上氏に対し、絢氏は反発した時期もあったそうですが、何だかんだ言っても父親に愛想を尽かすことはなかった。母親と一緒に村上氏の裁判を欠かさず傍聴に来ていた、と目撃者から聞きました」


ブルームバーグのインタビューで絢氏は、〈父の考えに強い共感を持っている。高校時代から業界に入りたいという思いがあった〉〈投資家として能力はすごく高い。この世界の第一人者〉と答えている。今どき、これほど娘に慕われる父親がどれほどいるだろうか。

■物言う株主の英才教育

 絢氏は慶大法学部卒業後、モルガン・スタンレーMUFG証券に2年半勤務し、2年半前にC&Iの系列会社に入社した。

「大学では屈指の難関ゼミに所属しながら、テニスサークルや三田祭などの活動に精力的に参加しました。スイス留学の経験もあり、海外ドラマの観賞が趣味といいます」(関係者)

 就職後、年上の金融マンと結婚。すでに1児の母というが、父との関係は変わらず良好で、村上氏は絢氏が株主総会に参加する際は、自分の懐刀を付き従わせ、物言う株主の英才教育を施しているという。

 しかし、かつては仲が良かった大塚家具の“父娘壮絶バトル”のような例もある。今回の監視委の調査は村上氏の父娘関係にどんな影響を与えるのだろうか


今日の逸品 

この季節がやってきました

活とらふぐ

てっさ  

てっちり 唐揚げでどうぞ! 

忘年会のご予約 承っております。

ご予算、食材のリクエストご相談ください。