【善戦】

 

12月18日(金)

皆さんこんにちは。

今日も寒い朝でした。

今日の記事

健闘しました

南米王者に善戦 サンフレッチェに「代表常連」なぜいない

 2度目のFIFAクラブW杯(CWC)出場で初めて準決勝に進んだサンフレッチェ広島。16日はアルゼンチンの超名門リバープレートと対戦した。準々決勝から中2日の広島選手たちは疲労困憊。対して1週間前に来日して体調バッチリのリバープレート。これに地力の差も加わり、試合は後半27分、リバープレートFWアラリオが頭で押し込み、この1点を守り切って決勝に進んだが、対戦前にアルゼンチンから来日したメディア関係者が、日本人プレスをつかまえて素朴な疑問を口にしていた。

「広島はここ4シーズンで3回もリーグ王者になっている。なのに日本代表がいないのはなぜか? どこの国も代表メンバーは欧州組を中心に構成されるが、それでも5、6人は国内で優勝を争う上位クラブから選ばれるもの。本当に不思議でしょうがない」

 日本代表は11月、W杯アジア2次予選でシンガポール、カンボジア相手にアウェー2連戦をこなしたが、招集メンバー22人の中に国内組は、たとえば浦和のGK西川、DF槙野、MF柏木の3人を含めて13人いたが、広島の所属選手はひとりもいなかった。


今季Jリーグ史上初の通算200得点を達成したFW佐藤を筆頭にFW浅野、MF青山、DF塩谷、DF水本と代表に何度か呼ばれた選手はいるが、代表常連選手というワケではない。

 日本代表のザッケローニ元監督やハリルホジッチ現監督は、なぜ広島の選手を呼ばないのか?

「広島の代表級選手たちは、いずれも代表内に強力ライバルがいる。FW浅野はFW岡崎からポジションを奪わなければならず、青山のところにはザック、ハリルお気に入りのMF山口がいる。万能型DFの水本も良い選手だが、ザックもハリルもDFの森重、吉田を重用しており、なかなか水本にはお呼びが掛からない」(サッカージャーナリスト)

 ハリル監督には、もう一度しっかりスカウティングしてもらいたいものだ。


今日の逸品 

大分佐賀関から 神経締め入荷してます。 

関あじ  

大きいサイズなんで脂のって最高です! 

寿司握りがいいでしょう。

ご笑味下さい。