【さいでんなー、ほーでんなー】

 

12月25日(金)クリスマス

皆さんこんにちは。

雨がふったりやんだりと今年はほんと暖かいクリスマスです。

今日の記事 

この季節定番の曲

JR東海のCMで若かりし頃の深津絵里を思い出します。

年末恒例 山下達郎 「クリスマス・イブ」が支持される理由

山下達郎「クリスマス・イブ」

 年末恒例。山下達郎の「クリスマス・イブ」が今年もまたチャートインしてきた。クリスマス本番を迎えて12月21日付の178位から28日付では39位へ。これでついに30年連続トップ100入りという快挙達成だ。

 この曲が世に出たのは83年。アルバム「メロディーズ」からシングルカットされ、同年暮れに44位にランクした。楽曲自体はさほどキャラが立っているわけではない。低音部が順にド・シ・ラ・ソ……と下降していくバロック調のコード進行をえんえん繰り返す中、去った女性に対する絶ちきれぬ思いを描いた10行の詞を歌うだけ。が、途中、一人多重録音でパッヘルベルの「カノン」をつづった感動的なアカペラコーラスや、隠し味満載の緻密な編曲、そして何よりも山下達郎ならではの強力な歌唱力が徐々にシーンに浸透し、86年からは毎年チャートを賑わすようになった。

 JR東海のテレビCMに起用されたこともものを言い、クリスマスの定番に。89年には1位を獲得、91年にミリオン突破、そしていよいよ今年で30年連続チャートイン。累積で190万枚近い売り上げを記録している。

時代の空気感にスピーディーに寄り添うことで人気を得ようとしがちなポップ音楽の世界だが、「クリスマス・イブ」にはそうした志向がまるでない。あるのは、古い、新しいといった曖昧な価値観などはるか超えた地点に存在するエバーグリーンな音楽に対する情熱のみ。だからこそこの曲は時代性に縛られることなく、日本では本当に珍しいロングセラー曲になれたのだろう。

 もちろん、42年以来えんえんと歌い継がれ、一説には全世界で5000万枚を売り上げているという「ホワイト・クリスマス」にはかなうわけもないが……。あ、いや、でも、「クリスマス・イブ」のカップリング曲には達郎版の「ホワイト・クリスマス」が入ってるぞ。てことは、これぞ世界最強のクリスマス・シングルってことになるのか?


今日の逸品  

活とらふぐの白子   

今年のふぐの白子は全体的に小さいのに値段は高めです

てっさ、焼き、唐揚げも単品でどうぞ! 


ちょっと贅沢。

たまには自分へのご褒美してください。


本日のお品書き(価格は税別) 

 

お造り お造り盛り合わせ 2人前 2400円(1人も可)

 

さばのきずし(宮城)900円  本まぐろ赤身(長崎)1000円

あじ(愛媛)    900円   剣先いか(長崎)   950円

生うに(北海道)  1200円   ひらめ(愛媛)    950円

さより(岡山)   750円  天然はまち(愛媛)   900円

てっさ      1600円  赤貝        600円

 

煮 物 *お時間頂きますm(__)m

 

かれい煮付け 1200円    
金目鯛煮付け    1300円 

 

肉料理

熊本産馬刺し 1000円   和牛のタタキ    1000円

京赤地鶏の塩焼き750円   牛すじの味噌煮込み  680円

 

魚焼き物*お時間頂きますm(__)m

 

特選ほっけ焼き  900円  鵡川産本ししゃも   750円  

若狭ぐじ焼き  1400円  特撰太刀魚塩焼き  1000円  

活さざえ焼き   700円   
黒ムツ西京焼き    750円ふぐの焼き白子 2300円

 

揚げ物

旬の揚げたて天麩羅盛り合わせ   (1人前)  1600円 

 

いってつコロッケ 700円  牡蠣フライ      750円

 

その他

自家製燻製の合わせ1300円  あじのなめろう茶漬け 950円

赤だし       500円 うまき玉子      850円

海鮮丼       980円 すし握り盛り合わせ 1500円

具だくさん粕汁   500円