【松田兄弟】

 

5月16日(月)
皆さんこんにちは。
雨のせいか湿気てます
今日の記事
最近多すぎる
2世タレント 歓迎できるのは龍平&翔太の松田ブラザーズ

松田翔太(左)と松田龍平(C)日刊ゲンダイ

松田翔太(左)と松田龍平(C)

 9日放送「ぶっちゃけ寺&Qさま!! 豪華2本立て3時間スペシャル」(テレビ朝日系)で23年前に亡くなった元フジテレビアナウンサー、逸見政孝さんの遺品を整理する企画をやっていた。
 息子の逸見太郎が番組に依頼したもので、「たけしの平成教育委員会」の出演時に着ていた学生服、がん告白の際に着ていたスーツ。トレードマークのメガネ。さらにトロフィーや闘病中にファンから送られてきたお守りや数珠などなど。留学中の太郎に宛てた手紙なんかもあった。
 この息子、以前「5時に夢中!」のMCをしていたが、その座をふかわりょうに奪われ、お役御免に。その後はパッとせず、父が建てた豪邸が月20万円も維持費がかかるだの、固定資産税が大変で生活が苦しいだのとか、その手の話題でテレビに出るくらい。
 そして、今回、遺品整理ときた。豪邸を売って狭い部屋に引っ越すというのならまだしも、かわらず住み続けているのなら、なにも今、整理することはないのでは。
 目を転じて芸能界を見渡せば、2世タレントが性懲りもなく、続々デビューしている。「僕のヤバイ妻」(フジテレビ系)にはヒロミ&伊代の息子・小園凌央と竹下景子の息子・関口アナムが、カフェの店員役で出演。月9「ラヴソング」(フジ系)には笑福亭鶴瓶の息子・駿河太郎が出ている。「ゆとりですがなにか」(日テレ系)には奥田瑛二・安藤和津の娘・安藤サクラが出演、個性的な演技を見せている。高畑淳子の息子・高畑裕太もドラマだけでなく、おバカキャラでバラエティーでも活躍中だ。
 ほかにも「あさイチ」(NHK)のリポーターは小堺一機の息子・小堺翔太だし、「news every.」のリポーターは渡辺徹・榊原郁恵の息子・渡辺裕太だ。
 そこで、オススメは松田ブラザーズ。弟の翔太は「ディアスポリス~異邦警察~」(TBS系)で主演。最近ますますしぐさや表情、たばこの吸い方まで似てきた。とくにこのドラマは「探偵物語」のにおいがあり、余計そう思えるのかも。「まほろ駅前――」や「あまちゃん」の兄・松田龍平もよかったが、翔太もここにきて俄然よくなってきた。
 母の松田美由紀はう~んだが、優作のDNAをしっかり受け継ぐ2人の息子を育ててくれたことには感謝。2人に松田優作の面影を感じられることがファンとしては何よりうれしい。松田ブラザーズみたいな2世なら、大歓迎!
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。
今日の逸品  
究極の逸品
玉子かけご飯
兵庫・龍野の夢前たまご


米は契約している新潟・下田産 こしひかり

土鍋で炊き上げてます
出汁醤油をかけてどうぞ!