【か弱いだけじゃない】

5月18日(水)
皆さんこんにちは。
今日もいいお天気
今日の記事 
子供産んでるからか妹の方が老けて見える
46歳美魔女も結婚歴なし 石田ゆり子がいまだ独身貫くナゼ

見た目とギャップ?(C)日刊ゲンダイ

見た目とギャップ?(C)

「相変わらず奇麗ですね~」「清楚!」などと、感嘆の声が上がった。女優の石田ゆり子(46)が13日昼のNHK「スタジオパークからこんにちは」に生出演し、登場した直後のことだ。
 石田は現在、金曜夜の同局ドラマ10「コントレール~罪と恋~」で演じているシングルマザー・役が話題だ。無差別殺人事件に巻き込まれ、犯人と格闘した際に文の夫を殺してしまった男(井浦新)と恋に落ち、自分からキスしてしまうというストーリーなのである。昨年公開の映画「悼む人」では夫を殺し、その亡霊に付きまとわれる主婦を熱演、濃厚な濡れ場でも話題になった。
 石田を長く取材しているスポーツ紙記者が言う。
「女優として、代表作でもある1997年のドラマ『不機嫌な果実』でも不倫に身をやつすヒロインを演じ、激しいベッドシーンに挑んでいます。難役や濡れ場にも尻込みせず、迫真の演技を見せるのが石田のスタイル。いまだ独身で、結婚歴もない私生活と、ドロドロの愛憎劇とのギャップが大きいんです」
■自立心が旺盛
その私生活はどのように過ごしているか。俳優の石黒賢に和太鼓奏者の内藤哲郎氏ら、交際を取り沙汰された相手はいないわけじゃない。どうして結婚しないでいるのか、ファンならずとも、知りたくなる。
「石田は意外と鼻っ柱が強く、相手が誰であっても、おかしいときは反論するし、言い返す。実はツンデレで、たとえば交際相手には甘い顔を見せたりしているのかも知れませんけど、遠まわしに男関係のことを質問したりして、『一体なにが知りたいんですか!』とやられたことが何度もある。1999年に大手芸能プロから独立し、妹で女優の石田ひかりと個人事務所を設立したときは、事務所と喧嘩して辞めたんじゃないかという噂がありました」(前出のスポーツ紙記者)
本人いわく、昔から自立心が旺盛で、「スポ根女」なのだという。だから、独身を貫いているというわけでもないだろうが、女優のほか、都内にある個人事務所の社長業もこなしているというから、経営手腕もあり、男勝りのため、結婚の必要をそれほど感じていないのかもしれない。
清楚だからといって、か弱いわけじゃない。奇麗な花にもトゲがあるということだろう。

本日は定休日です。
明日のご来店お待ちしております