【第三者連呼】

5月24日(火)
皆さんこんにちは。
今日の記事
第三者って誰や
自分のしている事は自分が一番わかってるはずだ
舛添都知事「政治とカネ」疑惑 東京地検が重大関心 世論調査7割超「辞めろ」 

2016.05.24

Tweet  

都民の多くは舛添都知事の説明について納得していないようだ=20日
都民の多くは舛添都知事の説明について納得していないようだ=20日【拡大】

 
どうやら舛添都知事は第三者機関を立ち上げることで、このまま追及をかわす作戦らしい。
東京都の舛添要一知事(67)への、都民・国民の怒りが爆発している。連日のように発覚する「政治とカネ」をめぐる疑惑に対し、舛添氏が記者会見で「第三者による調査」を連発して説明責任を果たさず、居座りを決め込んだからだ。報道機関の世論調査では、7割以上が「(都知事を)辞める必要がある」と返答した。こうしたなか、東京地検などが、一連の疑惑に重大関心を寄せているという。
 舛添氏が20日に行った記者会見は最低・最悪だった。それまで、「色々な疑念や懸念、厳しい批判をいただいている。20日の定例会見で答えたい」と語っておきながら、舛添氏は約2時間15分の会見中、「第三者」という言葉を50回近く使って、具体的な説明を避け続けた。
 都民や国民をバカにした会見に怒りが沸騰した。
 「尾木ママ」こと教育評論家の尾木直樹氏は20、21の両日、自身のブログで「不快極まりない態度に終始ビックリマーク」「都知事はお金にセコイだけじゃなく 釈明と謝罪にも見たことないほどセコイ人でした!!」「一刻も早く都知事辞職されること希望します!!」「もはや国民全体への背信行為です」などと、痛烈に批判した。
 NNN(日本テレビ系)が20~22日に行った世論調査によると、20日の記者会見に「納得しない」が90・2%、舛添氏が都知事を辞める必要があると「思う」が70・1%に達した。もはや、総スカン状態といえる。
 疑惑解明を、舛添氏が勝手に選任する「第三者」ではなく、捜査当局に期待する声も多い。
市民団体「政治資金オンブズマン」(共同代表・上脇博之神戸学院大教授)はすでに、政治資金規正法違反などの疑いで、舛添氏と会計責任者だった男性に対する告発状を東京地検に送っている。千葉県木更津市内の温泉施設「龍宮城スパホテル三日月」での宿泊費を「会議費」としたと記載したのは虚偽記入に当たる-という指摘だ。
 地検や警察の動向に精通する永田町関係者は次のように語る。
 「舛添氏に直撃した疑惑のうち、『豪華海外出張』や『公用車での別荘通い』は政治倫理に関する問題だが、スパホテル三日月での『会議費』の件などは、政治資金規正法に抵触しかねない重大問題だ。次元が違う。政治資金オンブズマンもそこに狙いをつけて告発している。東大法学部卒の舛添氏も当然認識し、13日の会見で『返金する』と表明したのだろう。これだけ国民が怒りに震えている疑惑だから、東京地検などの捜査機関は告発前から情報収集をしているはずだ。何も動かないことは、あり得ない」
 都議会各会派も、6月議会で疑惑を徹底追及する方針を固めている。舛添包囲網は一段と狭まっている。
今日の記事  
女性が大好き
季節の白和え


優しいお味にしております。