【初夏の風物詩】

5月28日(土)
皆さんこんにちは。
雨模様  
今日の記事  
呑んでみたい

 

サミットで振る舞われた酒の味 三重の地酒に国産ワイン

2016.05.27

 

昼の乾杯酒「作 智」(右)とディナーで振る舞われた「半蔵」
昼の乾杯酒「作 智」(右)とディナーで振る舞われた「半蔵」【拡大】

 
松阪牛に伊勢エビ、名産の高級アワビ…。伊勢志摩サミット(主要7カ国首脳会議)で26日、各国首脳が堪能したランチとディナーのあまりの豪華さに、ため息が漏れたが、振る舞われた酒も気になった。三重を代表する地酒に国産ワイン。ディナーは現地会場のホテルにまで行かなければ味わえないが、こちらは取り寄せができそうで人気も急上昇しそうだ。
 昼食に出されたのは、日本酒、ワインそれぞれ2銘柄。乾杯酒の「作(ざく) 智(さとり) 純米大吟醸 滴取(しずくど)り」(鈴鹿市)と、「酒屋八兵衛 山廃純米酒 伊勢錦」(三重県多気郡)。ワインは「シャトー メルシャン 北信シャルドネ 2014」(長野県)と「ルバイヤート プティヴェルド 2012」(山梨県)。
 価格をネットで調べてみると750ミリリットルで1万5000円など目を瞠(みは)るような高さで取引されているが、香りはふくよか、丁寧な出来具合が評判の逸品だ。
 夜の部の日本酒は「半蔵 純米大吟醸」(伊賀市)と「瀧自慢 辛口純米 滝水流(はやせ)」(名張市)。
 ワインは「ヴィラデスト ヴィニュロンズ リザーヴ シャルドネ 2014」(長野県)▽「シャトー・メルシャン 椀子(マリコ) ヴィンヤード オムニス 2012」(長野県)▽「登美ノーブルドール 1990」(山梨県)の3つ。
 「半蔵 純米大吟醸」は種類が豊富で「神の穂」(720ミリリットル)ならネット通販で1700円台で手に入る(27日午前現在)。もうすぐ父の日。“サミット酒”で親父と一杯してみては?
今日の逸品 
今年もこの季節
活はも


京都の夏を代表する魚
当分の間こいつとにらみっこになりそうです。