【日本最速163k】

6月6日(月)
皆さんこんにちは。
蒸し暑いです。
今日の記事
凄い!
10三振で完投許す 大谷“真二刀流”にG選手までファン目線

大谷に巨人打線は白旗…(C)日刊ゲンダイ

大谷に巨人打線は白旗…(C)

 巨人が「真二刀流」にぶった切られた。投手・大谷から10三振を食らって完投勝利を許すと、打者・大谷には犠飛(1打点)と1安打を献上。巨人の4番・長野が「投手としても打者としても凄い」と言うように、投打で完敗である。
 巨人は試合前まで6連勝中。その前は7連敗を食らったのがウソのように、東京ドームは楽観ムードに包まれていた。試合前、内田打撃コーチは「大谷攻略? ベースの上を通る速い球を打つ。それしかない」と言ってこう続けた。
「高校野球じゃないから、みんなでバットを短く持ったり、そういうことはしない。それぞれが2ストライクまでに勝負しようとか、そういうことは言おうと思っているけど」
 相手は日本一の剛腕。直球が打てれば確かに突破口は広がる。が、160キロの剛速球をどう打つかは各自に任せた。内田コーチは「7連敗の時と6連勝の時に大谷と当たるのでは違うでしょう。今は少しゆとりがあるから」と笑っていたが、ナインを大人扱いするのは高橋監督の方針だ。選手の技量、タイプ、役割がそれぞれ違うため、対策はおのおのが立てるべきという持論があるというのだ。
選手は選手で「二刀流」をファン目線で見ているのも中にはいた。3日の試合前、ある選手がボソリとこう言った。
「大谷って打撃練習やんないんですか? 凄い飛ばすんでしょ? 登板前は打たない? そうなんだ。フリー(打撃)見たかったなあ……」
 高橋監督は試合後、「大田の本塁打? いい打撃。他の各打者も全く手も足も出ないという感じではなかった」と6安打したチームを称えた。投げては163キロ。打っては5番打者としてフルスイングして東京ドームを沸かせる。巨人ファンも巨人の選手でさえくぎ付けなのだ。6安打で褒められているようでは、勝てるはずもない。

今日の逸品
京都ブランド
丹後とり貝 特大サイズ 230g 入荷してます!


うまい!
ただお値段もよく 1個 2300円で御座います。
この時期は一度は食べたい逸品です。
 
カツオも入荷しました!


今年は不漁です。
お召し上がりください。