【永遠の18歳】

7月3日(日)

皆さんこんにちは。

今日の記事

そんなになるんや

没後30年の岡田有希子さん ラジオ音源復活OAでファン増加

酒井法子に送ったという貴重なサイン入りパネル(提供写真)

酒井法子に送ったという貴重なサイン入りパネル(提供写真)

 あの悲劇の自殺から30年、80年代アイドルの岡田有希子がAMラジオで“復活”し、話題になっている。
 岡田さんの地元名古屋の東海ラジオで、毎週土曜深夜に放送中の「ドットーレ山口のドキドキラジオ’84」のこと。番組パーソナリティーで医学博士の山口悟氏(46)は、「中学2年の時からずっとユッコファン」として、岡田さんが84年4月から85年10月まで出演していた「奈美子・有希子・小緒里のドキドキラジオ」の音源の使用許可を得られるまで、岡田さんの父親のもとに何度も通い、オンエアにこぎ着けた。番組をスタートさせた理由をこうブログで書いている。
「今年が没後30年の節目の年であることが第一。東海ラジオが、彼女の地元名古屋の放送局であるということにも大いに意味があると思ってます。彼女が愛した名古屋が一番彼女を応援すべきだと思うからです。表舞台、裏方の関係者が次々にお亡くなりになり、生き証人がいなくなる前にという焦りもあります」

 

地方局だけにオンエアの範囲は基本的に東海3県に限られている。にもかかわらず、4月スタートから往年のファンの注目を集め、有料のネット放送で番組を聴くファンが増え続けている。
 凄いのは、岡田さんの愛され方。岡田さんが身を投げた東京・四谷4丁目の交差点には4月の命日に毎年たくさんのファンが訪れその死を悼むが、岡田さんの眠る愛知県の成満寺にも、国内外から墓参りに来るファンが後を絶たないという。
 前出の山口氏は岡田さんの誕生日の前日にあたる8月21日には東海ラジオ本社で「岡田有希子ファンミーティング」の開催を告知している。岡田さんが初めてオリコン1位を獲得した「くちびるNetwork」などが歌われることになりそうだ。岡田さんと同年齢で、クラスメートだった南野陽子は「週刊朝日」でこんなコメントをしている。
「アイドルとしての彼女が裏切ることがないからじゃないかな。劣化したなって思われることもないし、誰かのお嫁さんになったわけでもないし。彼女が変わらないでいてくれるからこそ、愛され続けるのだと思います」
 岡田有希子は永遠に18歳のアイドルなのだ。

 

生きていれば48歳

 

 

今日の逸品  

 

活さざえ(大) 

 

良いサイズ入荷してます。