【福山の師匠】

7月10日(日)

皆さんこんにちは。

参議院議員選挙に行ってきました。

出口調査って信憑性あるんかな?

今日の記事 

私は男女問わず毎日様々な方の話を聞いております。

そうそうオウム返しね・・

福山雅治が神と呼ぶモテ男 リリー・フランキーの口説き術

左から時計回りに、リリー・フランキー、長澤まさみ、安めぐみ(C)日刊ゲンダイ

左から時計回りに、リリー・フランキー、長澤まさみ、安めぐみ(C)

 いまや芸能界一のモテ男といえば、この人だそうだ。福山雅治が密かに“恋愛の神様”と呼び、堤真一やピエール瀧ら芸能界にも数多くのシンパがいることで知られるリリー・フランキー(52)。
 俳優、イラストレーター、カメラマン……いくつもの肩書をもつマルチタレント。一見するとヒゲをたくわえた細面のオッサンだが、その素顔は女性のハートをわし掴みにして離さない不思議な魅力に満ちている。先ごろも女性週刊誌に人気女優、長澤まさみとの密会現場を報じられたばかり。双方の事務所は恋愛関係ではなく、ただの友達としているが……。
「一時期リリーと長澤は非常に良好で、交際していたと思い込む業界関係者が多数いるほど、関係は有名でした。それだけにリリーはスタッフや同業の俳優からも羨まれる存在です」(消息通)
 本当の関係は、実際はどこまでだったのかは、今となっては確認できないが、リリーが普段から今が旬の女優らと親しく交際していることだけは間違いなさそう。実際、過去に熱愛が報じられたのは加藤紀子と安めぐみの2人。他にも深津絵里、柴咲コウ、綾瀬はるか、夏帆、広瀬すず、深田恭子らも名前が取り沙汰されたことがある。

 

それにしても、齢52歳でなぜ誰もが羨む女優らと親しく付き合うことができるのか。
「聞き上手、囁き上手だからです」と語るのはリリーを知る放送作家。女性と2人きりになると何時間でも愚痴を聞くのに付き合って、耳元で囁き返すというのだ。
「ひたすらうなずき、相手が話したことをオウム返しに囁くんです。ポイントは必ず隣に座ること。相手が迷ったり、言葉に詰まったタイミングでオウム返しに囁く。これは心理学的にも理にかなった手法だそうで、愚痴を言う大半の女性は男にアドバイスなどを求めているのではなく、自分が正しいと認めてほしいだけ。その時にオウム返しで耳元で静かに囁くだけで、物凄いシンパシーを感じるのだそうです。福山も師匠のリリーからこの囁き法を伝授されて実践、妻の吹石一恵を落としたと言われています」(制作関係者)
 もっとも、意外なのは囁いた相手に手を出さないことだという。
「噂になった長澤ら多くの女優もただの友達だと思います。実は狙っているのはその周辺にいる女性(笑い)。ガツガツする年齢でもないし、人気者と付き合うリスクを極力、ヘッジしているようです」(事情通)

 

今日の逸品  

 

よこわ(本まぐろの幼魚)

適度に脂が有り美味です!

 

今日も暑いどす