【後まつり】

7月24日(日)

皆さんこんにちは。

今日は祇園祭りのあと祭りです。

10基ほどの巡行でこじんまりして見やすい

今日の記事

4年ぶり劇場版 「ワンピース」タイアップ戦略の経済効果

前作から4年ぶりの新作(C)尾田栄一郎/2016「ワンピース」製作委員会

前作から4年ぶりの新作(C)尾田栄一郎/2016「ワンピース」製作委員会

「ポケモンGO」が空前の騒ぎだが、夏休みに入ってアニメの人気も沸騰しそうだ。大人も楽しめるアニメの代表といえば「ワンピース」だが、劇場版シリーズ13作目「ONE PIECE FILM GOLD」(配給・東映)が今日23日から全国で封切られる。前作からは4年ぶりだ。
 97年の「少年ジャンプ」連載開始以来、快進撃を続け、コミックの累計発行部数は3億冊を突破し、世界最多部数を記録したとしてギネスにも認定された。しかも、今回は大手洋画配給会社並みの“空前”のタイアップ戦略を仕掛けていて、その経済効果にも注目が集まっている。

 タイアップ先はセブン―イレブンやコカ・コーラ、イオングループ、大正製薬など大手がズラリ。12作目の興収は68億円、今夏は「80億円以上を狙っている」(興行関係者)という。タイアップしている企業の関連の売り上げも莫大だろう。

 

「FILM GOLD」の経済への波及効果について、経済評論家の山本伸氏は「アニメなどの経済効果を正確に計算するのは難しいですが、関連グッズの売り上げのほか、交通費や外食代などを含めると、少なくとも興収の10倍以上になるのは間違いない。総合的な経済効果は1000億円は下らないかもしれません」と話す。
 16年上半期のコミックの売り上げランキングでも、ワンピースはぶっちぎりのトップを獲得。今回の劇場版ワンピースが主人公ルフィの必殺技「ゴムゴムの~!」よろしく、日本経済の伸びに一役買うかも?

 

 

今日の逸品  

 

アオハタ  

 

 

 

ハタは根魚でゼラチン質もあり美味です!