【地獄の練習】

8月20日(土)

皆さんこんにちは。

京都市内は38℃になってます。

お盆過ぎてるのに暑くてたまらん

今日の記事 

男子400Mリレー 銀メダル 感動した!

ラグビーW杯で南アに勝った時位に絶叫!

練習は1日12時間 シンクロ日本復活の裏に「ハイポ」あり

チームも3位でフリーへ(C)AP

チームも3位でフリーへ(C)

 日本時間19日に行われたシンクロナイズドスイミングのチーム・テクニカルルーティン(TR)で日本は3位。メダル圏内で20日のフリールーティン(FR)を迎える。1位は優勝候補筆頭のロシア、2位は中国。日本と銅メダル争いが予想されるウクライナは日本に0.3310点の僅差で4位につけた。
 かつては「お家芸」としてメダルを量産してきたシンクロも、井村雅代ヘッドコーチ(HC)が04年のアテネ五輪後に中国代表コーチへ転出すると、一気にレベルダウン。前回のロンドンでは、チーム、デュエットとも5位に終わり、五輪で初めてメダルを逃す屈辱を味わった。対して中国は北京、ロンドンの2大会で3つのメダルを獲得する大躍進。改めて井村HCの手腕がクローズアップされた。
■「地獄」と呼ばれるスパルタ練習
 その井村HCが14年に復帰した途端、日本は再びメダル常連国に浮上するのだから大したものだが、それを可能にするのは選手が「地獄」と口を揃えるスパルタ練習だ。

「食べる、寝る、トイレ以外は練習」がモットーで、1日12時間以上の練習は日常茶飯事。休日は正月の数日のみで、今年6月のグアム合宿では朝5時半から夜8時まで練習を繰り返した。長く美しく見える脚づくりにも時間を割き、浮かせた足の指先で靴下をつかませ、両脚の間にボールを挟ませながら腹筋や背筋のトレーニングをさせた。
 選手が最も音を上げたのは、酸欠状態になるまで泳がせた直後、通しの演技をさせて心肺機能を高める通称【ハイポ」。あまりのつらさにその場で倒れ込んだり泣き出す選手もいた。練習の過酷さに代表候補2人が離脱するほどだった。
 明日のFRでメダル獲得となれば、04年アテネ五輪以来12年ぶり。井村HCに血ヘドを吐かされた選手からすれば、メダルを手にしなければ報われない。

 

今日の逸品 

 

泉州 まいわし 

 

 

赤貝(肉厚)

握りでどうぞ。