【総合力】

9月10日(土)

皆さんこんにちは。

今日の記事 

阪神も見習うべし

広島したたかドラフト戦略 涼介と誠也の活躍にハム地団駄

守備でもチームを引っ張る菊池涼介(C)日刊ゲンダイ

守備でもチームを引っ張る菊池涼介(C)

 広島の屋台骨となっているのは生え抜きの若手野手たち。5年目の菊池涼介(26)、4年目の鈴木誠也(22)、3年目の田中広輔(27)、9年目の丸(27)といったイキの良い連中が攻守に躍動して、チームを牽引している。
 そんな若手野手たちの姿を、歯ぎしりしながら見ているのが日本ハムのフロントだという。
「ともにドラフト2位で入団した菊池と鈴木誠也は、日ハムが狙っていた選手だと聞きました」と、さる日本ハムOBがこう続ける。
「菊池は大学の日本代表合宿に参加しながら、メンバー落ち。狙い目の選手だっただけに、担当は密着マークして他球団の動向まで探っていたといいます。鈴木は二松学舎大付高時代、投手でしたが、身体能力が高く野手として高く評価していた。二松学舎大付のグラウンドは千葉の柏にある。二軍の合宿所の鎌ケ谷とさほど離れていないこともあって、それだけ確度の高い情報も入っていたそうです。菊池も鈴木も3位までに指名する予定で、それでも取れる感触があったのに、フタを開けたら、2人とも広島が2位指名した。球団内部では『ウチの情報を流すスパイがいるんじゃないか』という声まで上がったそうです」

今季、ソフトバンクと優勝を争う日本ハムのチームづくりの根幹は「ドラフトと育成」。中でもドラフトに力を入れ、過去10年間でリーグ優勝4回、Bクラスはたった2回の好成績を維持している。
 広島も同様、「ドラフトと育成」が身上。菊池や鈴木以外でも、例えば14年のドラフト2位で指名した薮田は亜大時代、公式戦の登板がほとんどなかった右腕だ。
 そうやって他球団が目を付けないような選手を発掘して獲得、鍛えて一人前に育てる。生え抜きを主体に結果を出すチームは、それなりの企業努力をしているのだ。

 

新球場、カープ女子、新幹線 広島人気は“営業努力”の賜物

カープ女子も待ち望んだ地元胴上げはならず(C)日刊ゲンダイ

カープ女子も待ち望んだ地元胴上げはならず(C)

 広島といえば、かつては不人気球団。本拠地の市民球場は空席の方が目立ち、一部の熱狂的なファンに支えられていると言っても過言ではなかった。
 転機となったのが09年、新設されたマツダスタジアムへの移行だ。この新球場を造るにあたって、広島は10年以上前から球団職員をメジャーに派遣し、さまざまな球場を参考にした。観客席もバーベキューテラスや掘りごたつなどを増設。球場外にはお化け屋敷まで誘致したから、単なる野球観戦だけにとどまらないボールパークとして人気を博している。
 13年に初のCS出場を果たすと、翌14年からは「カープ女子」が社会現象化。球団も若い女性を取り込むための企画を次々に打ち出した。そのひとつが14、15年の貸し切り新幹線だ。東京在住のカープ女子のため、新幹線を1本「貸し切り」とし、参加費5000円で抽選に当たった女性ファン約1300人を招待。球団にとって数百万円の赤字企画だったが、それを補って余りある宣伝効果をあげた。

優遇するのは女性ファンだけではない。JR西日本と提携し、広島のホームゲームでのチケットを見せれば新幹線の乗車券が割引になる「赤ヘルきっぷ」も展開中だ。
 球団公式グッズも、他球団には真似できないものばかりだ。新井の2000安打カウントダウンTシャツは販売即売り切れた人気商品。他にも真っ赤なキャディーバッグや紅白のオセロといったユニークなものが多い。
 もちろん、現在の広島フィーバーは長年にわたる営業努力のたまもの。ローマは一日にして成らず、広島カープもまたしかり、だ。

 

今日の逸品  

 

長崎産 ウメイロ(沖タカベ)

 

*背中の色が熟した梅色に似ていることから

 

 

白身の高級魚

お造り、焼き霜、松皮造りも美味!ソテーでも美味!