【Bリーグ開幕】

9月24日(土)

皆さんこんにちは。

なんか蒸し暑い

今日の記事

一つに統一したけれど・・

BリーグよりJBリーグの方がいいのでは?

ド派手に開幕したBリーグ 「3年もたない」と不安の声も

開幕戦は随所に迫力あるプレーが見られたが…(C)日刊ゲンダイ

開幕戦は随所に迫力あるプレーが見られたが…

 

カクテル光線が飛び交う派手な演出は、バスケット界の新たな門出にふさわしいものではあった。企業系のナショナルリーグ(NBL)と地域系のbjリーグが統合して発足したBリーグの開幕戦。会場の代々木体育館(東京)は満員の観客で埋まり、試合はNHK・BSとフジテレビが生中継したが、「先行きは決して明るくない」という声が関係者の間には少なくない。全日本経験者のOBが表情を曇らせる。
「一番の問題は各チームの資金面です。Bリーグのトップスポンサーになったソフトバンクと4年125億円で契約したなど景気のいい話ばかりが喧伝されていますが、実際は多くのチームが運営に不安を抱えている。Bリーグ発足に尽力した川淵三郎さん(前日本バスケットボール協会会長、現エグゼクティブアドバイザー)は当初、各チームに年間1億円の給付金を出すとぶち上げたものの、それが5000万円に下方修正され、さらにリーグへの貢献度で給付額を増減するとなった。3000万円を切るチームも出てきます。リーグ上層部の言行不一致が各チームの不安に拍車をかけているのです」

 

Bリーグは、1部に相当する「B1」18チームと2部の「B2」18チームの計36チームが、来年6月までのシーズンで全1080試合を戦う。この日の開幕戦はテレビで生中継されたものの、フジテレビが中継するのはこの1試合だけ。NHKにしても、決まっているのは地上波で7試合、BSで17試合のみである。
「1000試合以上がテレビで中継されないわけですからブームになるのは難しい。B1の18チームで企業がバックについているチームは東芝、日立、トヨタなどわずか5チーム。関係者の間では、果たして2年目に何チームが残っているか、という声が出ています。企業系チームにしても、例えば、東芝はNBL時代の平均観客数が約1000人。そのうち700枚のチケットは親会社が買い取っていた。要するに、実際のファンは300人程度。強豪の東芝ですらこれですから、各チームが観客動員に不安を抱くのも当然です。川淵さんの方針で、B1は5000人以上収容の本拠地アリーナを確保することを条件にしましたが、どうやって埋めるのか。川淵さんは『各クラブとも3年間は死ぬ気でチケットを売れ。言い訳は許さない』と言っていますが、みな頭を抱えています」(前出のOB)

 

NBLとbjリーグを合わせて34だったチーム数は36に増え、選手のレベルと試合の質の低下も大きな課題として残っている。Bリーグは5月の理事会で、資金難のため公式戦開催が困難になったチームを対象に上限1億円の資金援助をする制度の導入を決めた。「Bリーグは3年もたない」と言う関係者もいる中、先行きの厳しさを最も理解しているのが川淵氏かもしれない。

 

今日の逸品  

 

レアなお魚いろいろ  

活あじ、やがら、太刀魚、〆あなご、メイチ鯛

その他さんま(大)、いわし、本まぐろ赤身あります!

 

それぞれベストな調理いたしますのでお声掛けください。

ご来店お待ちしております。