【テレビ取材】

 

10月2日(日)

 

皆さんこんにちは。

 

今日の記事

 

このブログで度々引用させて貰ったが、今回の件はにアウトだ

 

長谷川豊アナ「ネットの文言で降板するとは…思い強すぎて失敗」ブログで無念つづる

2016.10.02

フリーアナウンサーの長谷川豊
フリーアナウンサーの長谷川豊【拡大】

 フリーアナウンサーの長谷川豊(41)が9月29日、自身のブログ「本気論 本音論」を更新し、自身がニュース番組、「ニュースリアルFRIDAY」を降板した経緯について心境をつづった。長谷川は「肩ひじをはりすぎました。ネットの世界で一人でも多くの方に訴えたいという思いが強すぎて失敗しました」とつづっている。
 長谷川は「ここ3日ほど、テレビ大阪の皆さんと協議を続けてきました。とても残念なことですが、やりがいを持って取り組んできました『ニュースリアル』のキャスターの仕事を降板することになってしまいました。大阪の皆さんに、私はもっとニュースを伝えたかった」と冒頭で述べ、「画面上でみなさまへのご挨拶すら出来ず、本当に本当に申し訳ない思いで一杯です」とお詫びの言葉をつづった。
 その後、「ネット上では、テレビ上と違う言語が飛び交っていると思っています。実際に口に出すときつい言葉も、ネット環境では意外と受け入れられたり…。」と述べ、ネット環境の特異な点について言及した。「それに構え過ぎ、少しでも多くの皆さんに見てもらおうと肩ひじを張り過ぎていた感は、自覚していました。ですが、ネットの世界で一人でも多くの方に訴えたい、という思いが強すぎて、今回は大失敗してしまったのです」と自身の失敗の理由を分析した。

 その後自身の本音を「テレビ上の発言ではなく『ネットのブログのタイトルの文言』が、テレビ大阪の仕事を『降板』というところまで発展するとは夢にも思ってはいませんでした。そこは私の甘いところでした。私はネットはネット、番組は番組で使い分けているつもりでしたが、そういう訳にも行かなかったのでしょう。スポンサーへの大量の攻撃の呼びかけもあったと聞いています。関係各所に大変なご迷惑をおかけしてしまいました。」と述べている。
最後に「ひとしきり落ち込みます。そして、少し立ち止まって、自分を見つめ直します。もっと勉強して成長できるように頑張ります」と結んでいる。
長谷川は自身の今月19日付のブログで、「医者の言うことを何年も無視し続けて自業自得で人工透析になった患者の費用まで全額国負担でなければいけないのか?今のシステムは日本を亡ぼすだけだ!!」とのタイトルの記事を掲載し、物議をかもしていた。

 

今日の逸品

 

活〆あなご 入荷してます

 

お造り、白焼き(炭火焼き)

 

 

身がふあふあで美味です!ご笑味ください。

 

昨日はランチ終了後テレビの撮影でした 約3時間みっちり取材 

テレビ取材は初めてだったの緊張して疲れました。

 

アップ出来ればホームページに貼り付けします 

 

 

(カレーの撮影シーン)

 

 

 eo光テレビ(11chのEO光チャンネル)

 放送 10月21日(金)~11月3日(木)ほぼ毎日放送

 インターネットでは11月3日以降いつでも視聴可能

 

 番組名「グルマンの隠れ家」

 ナレーター 武田真治

 

 つたないですがご覧ください。