【極上 ほっけ】

12月5日(月)

皆さんこんにちは。

今日の記事

山科出身

最近見ないけど 色ボケしてだけじゃなかったのか

2013年賞金女王に何が? 森田理香子「シード落ち」の真相

早すぎるシード落ち(C)日刊ゲンダイ

早すぎるシード落ち(C)

 これで終わりなのか。来季のツアー出場権をかけた国内女子プロゴルフの最終予選会(千葉・東急セブンハンドレッドクラブ東C)が2日に終了。今季賞金ランク69位で、来季の賞金シードを失った13年賞金女王の森田理香子(26)は、「復活」を目指して最終予選会に挑んだ。50位前後に入れば、ほとんどの大会に出場できたのに、79位で来季のツアー出場はほぼ絶望的になった。
 会場で大粒の涙をボロボロ流した森田は来季、主催者推薦(今季は最多8試合)などで数試合はレギュラーツアーに出場できる見込みだが、そこで優勝しない限り、下部のステップアップツアーが主戦場となる。同ツアーで優勝すると、レギュラーツアーに4試合出場できる。
 森田は14年には1勝して賞金ランクは16位だったが、昨年は未勝利で同ランクは20位。今季は33試合に出場し、予選落ち18回。平均ストロークは73・4324(65位)。つまり、パープレーでホールアウトできないプロに成り下がってしまった。

 

森田のスランプは、14年に発覚した個人トレーナーとの交際が原因ともいわれていたが、真相はイップスだ。アプローチの際に腕が動かなくなってしまい、ダフったり、とんでもない方向にボールが飛んだり、まったくピンに寄らない。そのうちショットまで曲がりだし、スコアにならなくなった。師匠の岡本綾子はイップスの経験がなく、効果的な助言もできないそうだ。
イップスはメンタルの病気といわれ、ゴルファーにとっては厄介な運動障害だが、不治の病ではない。レギュラーツアー復帰を願うファンは少なくない。

 

本日の逸品  

 

小名浜からいつものほっけ入荷しました!

 

伴助 極上 ほっけ

 

 

これを食べたら ほかのほっけは食べれません