【男の強さともろさ】

1月20日(金)

 

皆さんこんにちは。

 

今日の記事 

 

66歳と思えない若さ 

 

地味だけどコツコツしてきた役者さん

 

 

 

TV見るべきものは!!

新ドラマ「就活家族」 三浦友和が見せる男の強さともろさ

三浦友和の演技に一見の価値あり(C)日刊ゲンダイ

三浦友和の演技に一見の価値あり(C)

 それなりに安定していたはずの家庭が、ふとしたきっかけで危機に陥っていく様を描く「就活家族 ~きっと、うまくいく~」(テレビ朝日系)。舞台は、家族4人の富川家だ。夫の洋輔(三浦友和)は大手企業の人事部長。妻の水希(黒木瞳)は中学教師。娘の栞(前田敦子)はOL。そして弟の光(工藤阿須加)は就活中だ。
 顔見世興行だった第1回では、役員への就任が目前だった洋輔にトラブルが発生する。新人採用の際に叱りつけたモンスター就活生が、実は取引先である銀行の頭取の息子だったのだ。慌てて取り入ろうとするが、見事にはね返されてしまう。
 また、リストラの通告を受けた女性社員(木村多江、怪演)が逆恨み。洋輔のセクハラ疑惑(でっち上げだが)を会社に訴えた。このままでは洋輔自身がリストラの憂き目に遭いそうな事態だ。
 しかも今後は洋輔だけでなく、難航している光の就職問題、水希の再雇用問題、さらに栞が会社で受けているセクハラ問題など、まさに問題山積みの展開が予想される。

 

 

作りは堂々の社会派ホームドラマだ。リストラも就活もリアルなエピソードで、見ていて息苦しいほどだが、もう少しユーモアがあるとありがたい。とはいえ、この年代の男の強さともろさの両面を見せる、三浦友和の演技が抜群だ。これだけで一見の価値がある。そうそう、「毒島ゆり子のせきらら日記」で開眼した前田敦子にも注目したい。
本日の逸品 
小さいですが
天然くえ(1kサイズ)入荷してます
子供のくえ
小鍋でもどうぞ!