【ケンケンガツオ】

5月2日(火)

皆さんこんにちは。

今日の記事 

山口組3分裂で血の抗争 「大義とは名ばかりの上層部の私利私欲」会見で痛烈批判 『任侠団体山口組』結成の舞台裏

2017.05.02

新組織「任侠団体山口組」の織田代表(中央)=4月30日、兵庫県尼崎市
新組織「任侠団体山口組」の織田代表(中央)=4月30日、兵庫県尼崎市【拡大】

  • <p></p>

 国内最大の指定暴力団山口組(神戸市灘区)の分裂抗争が新たなステージに突入した。山口組から離脱して結成された神戸山口組(兵庫県淡路市)の有力幹部らが4月30日、離脱し、新組織「任侠(にんきょう)団体山口組」を結成したのだ。幹部らは兵庫県尼崎市内の関係組事務所で異例の会見を行い、神戸山口組の井上邦雄組長らの組織運営や人事を批判。新組織は神戸山口組をはじめ山口組とも敵対しており、警察当局は三つどもえの抗争に発展する可能性もあるとみて警戒を強めている。
 「大義とは名ばかりの一部の上層部の恨み辛みの私利私欲であったという事実を目の当たりにしてしまいました」
 新組織ナンバー2の本部長に就任した元神戸山口組若頭補佐で真鍋組(尼崎市)の池田幸治組長(50)は4月30日、尼崎市の関係組事務所で開いた会見で神戸山口組について、こう痛烈に批判した。
 暴力団結成の記者会見は1984年、山口組4代目組長人事に反発した直系組長らが結成した一和会以来で極めて異例。池田本部長ら幹部7人は、テレビ局を除く報道陣約20人を組事務所に招き入れ、用意した文書を一方的に読み上げた。
 池田本部長らによると、新組織では組長を置かず、元神戸山口組若頭代行で山健組の織田絆誠(よしのり)元副組長(50)が代表を務める。拠点はまだ決まっていないという。

参加組織数や代紋などは明らかにしなかったが、神戸山口組直系団体・真鍋組と健心連合会(大阪市浪速区)のほか、神戸山口組の最大の直系団体・山健組(神戸市中央区)の傘下団体のうち約30団体が参画。勢力は昨年末で構成員約2600人だった神戸山口組の3分の1ほどで、代紋も山口組、神戸山口組と同じ「山菱」を使用するとみられる。
会見で池田本部長らは新組織の結成理由について、神戸山口組の井上組長がトップを兼任する山健組内での過酷な集金体制▽神戸山口組での山健組出身者以外への差別的な待遇▽執行部の意見を聞き入れない井上組長の姿勢-の3点を挙げて、「山口組が自滅の道をたどると真っ向から否定して立ち上がったにもかかわらず、神戸山口組の現実はその『(山口組の篠田建市〈通称・司忍〉6代目組長による)名古屋方式』にも劣る、それ以下の悪政」と指弾した。
昨年9月に神戸山口組の組員が山口組の篠田6代目組長にJR新神戸駅でサインを求めた騒動についても井上組長が独断で行ったと指摘。「あの恥ずかしい騒動で、いつの日か二つの山口組を一つにして、若い者の将来のために山口組をただすという大きな目標を井上組長自らつぶしてしまった」と嘆いた。織田代表は会見に出席しなかった。

神戸山口組は2015年8月末、山口組の篠田6代目組長の人事や組織運営などに古参幹部が反発し、結成された。しかし今年に入り、人事や組織運営をめぐり、直系組長の離脱情報がたびたび浮上。4月29~30日に神戸市内で開いた緊急会合に織田代表ら複数の直系組長が欠席し、組織からの永久追放を意味する絶縁処分されていた。
新組織の織田代表は、山健組で本部長などを務め、神戸山口組の結成時に直系組長となり、若頭代行に取り立てられ、昨年5月には山口組との和解交渉を進めていた。
山口組直系団体元幹部で、作家の沖田臥竜氏は織田代表について「過去に所属した組織の勢力を数百人規模で拡大させた実績があり、強いカリスマ性を持つ人物。神戸山口組結成後は全国で6代目山口組への示威行為を指揮するなどした。山健組内には他にも有力幹部がいるが、6代目山口組との対立抗争での戦力低下は避けられない」とみる。
ただ、神戸山口組内部では「単なるええ格好しいだ。井上組長にあれだけかわいがってもらっていたのに恩を仇で返すことは許されない」(関係者)と反発の声が強い。
わずか1年8カ月で3分裂した山口組。今後、三つどもえの抗争に発展する可能性が濃厚だ。

 

 

本日の逸品

 

目に青葉 山ホトトギス 初がつお

 

和歌山 ケンケンがつお 

 

 

モチモチ バリ旨!

 

 

初がつおは香りが命です