【散歩番組】

5月22日(月)

 

皆さんこんにちは。

 

今日の記事

 

元祖はちい散歩

 

「散歩番組」は雑なひな壇バラエティーを駆逐するか?

リリー・フランキーと指原莉乃(C)日刊ゲンダイ

リリー・フランキーと指原莉乃(C)

 日曜深夜のテレビで指原莉乃とリリー・フランキーが夜の街を散歩していた。この4月にスタートした「真夜中」(フジテレビ系)という番組でリリーのナビゲートで指原が未知なる深夜の世界を探索するものだ。
 リリーといえば今一番モテるオッサン。そういえば、先日銀座で偶然見掛けたが、道に迷ったのか、スマホで地図を確認しているが老眼で見づらいらしく、メガネを頭の上にのせ、必死でスマホの画面を見ていた。その姿はどこから見てもフツーのオッサンだが、なのになぜか若い女性にモテモテとは羨ましい。
 一方の指原はその辺のホステスよりも乗せ上手、聞き上手、天性のオヤジ転がしテクをもつ、気配り上手のアイドル。そんなモテオッサンとアイドルが夜の街を彷徨い、酒を飲み、会話する番組からはどこか疑似恋愛に似た雰囲気も漂い、実に興味深い。
 番組を見ているとリリーがなぜモテるのか、指原がなぜ重宝されるのかが分かる気がする。モテたいオッサンはこの番組で学ぶべし。

夜の街歩きといえばマツコ・デラックスの「夜の巷を徘徊する」(テレビ朝日系)もある。こちらはすでに2年目を過ぎてすっかり定着。先日も同級生のキムタクと共演して注目を集めた。その際、キムタクが「定期的に出るよ」と言っていたが、ある種、手応えを感じたのかもしれない。
そういえば、「じゅん散歩」(テレビ朝日系)の高田純次にしても、「ブラタモリ」(NHK)のタモリ(顔写真)にしても、「鶴瓶の家族に乾杯」(NHK)の笑福亭鶴瓶にしても、散歩番組をもっているタレントは好感度が高い。
話を「散歩番組」に戻すと、8~14日の視聴率上位に、8日「鶴瓶の家族に乾杯」12.1%、13日「ぶらり途中下車の旅」(日本テレビ系)13.0%、同「ブラタモリ」16.2%と散歩番組が並んだ。
派手なセットでタレントを大量動員、うるさいだけのひな壇・お祭り番組や番宣の片棒を担いだバラエティーなど視聴者はとっくに飽きている。その反動で、一見地味だが、落ち着いてゆっくりと見られて、今度の週末、行ってみようかなと思わせてくれる散歩番組や旅番組のほうが好まれているのではないだろうか。

夜の街歩きといえばマツコ・デラックスの「夜の巷を徘徊する」(テレビ朝日系)もある。こちらはすでに2年目を過ぎてすっかり定着。先日も同級生のキムタクと共演して注目を集めた。その際、キムタクが「定期的に出るよ」と言っていたが、ある種、手応えを感じたのかもしれない。
そういえば、「じゅん散歩」(テレビ朝日系)の高田純次にしても、「ブラタモリ」(NHK)のタモリ(顔写真)にしても、「鶴瓶の家族に乾杯」(NHK)の笑福亭鶴瓶にしても、散歩番組をもっているタレントは好感度が高い。
話を「散歩番組」に戻すと、8~14日の視聴率上位に、8日「鶴瓶の家族に乾杯」12.1%、13日「ぶらり途中下車の旅」(日本テレビ系)13.0%、同「ブラタモリ」16.2%と散歩番組が並んだ。
派手なセットでタレントを大量動員、うるさいだけのひな壇・お祭り番組や番宣の片棒を担いだバラエティーなど視聴者はとっくに飽きている。その反動で、一見地味だが、落ち着いてゆっくりと見られて、今度の週末、行ってみようかなと思わせてくれる散歩番組や旅番組のほうが好まれているのではないだろうか。

 

本日の逸品

 

北寄貝(ホッキ)

 

鮨にすれば尚美味です