【寿司屋の後輩】

6月26日(月)

皆さんこんにちは。

もっと降るかと思ったが・・蒸し暑いです。

今日の記事 

確かに。毎日ブログのネタを探すのに四苦八苦

同じことばかりやっている

ワイドショーは人が噛んで捨てたガムを拾って噛み続ける

写真左から時計回りに坂上忍、小出恵介、野際陽子、須藤凛々花(C)日刊ゲンダイ

真左から時計回りに坂上忍、小出恵介、野際陽子、須藤凛々花(C)

 小出恵介淫行報道に野際陽子死去、NMB48須藤凜々花結婚宣言に元SMAPの3人の独立、ときどき加計学園、どきどき藤井聡太四段、小林麻央の死……。毎日毎日、情報番組のネタは尽きない。
 小出の話など昔の話のように思えるが、あれからまだ20日も経っていない。
 事件や騒動が起こるとにわかに活気づくのがワイドショーで、あることないこと、見てきたかのように報じるのは昔からのことだが、それでもかつては梨元勝がハンカチで汗を拭き拭き「恐縮ですが」と言いながら、直撃取材するなど実際に足で稼いだネタや独自のスクープが見られたものだが、最近はどうか。
 スポーツ紙や週刊誌の記事を紹介し、それについてああだこうだというのが報道だと勘違いしてるんじゃなかろうか。おまけに、そのテレビを見て、ネットの記事を書くやからがいるらしく、放送中にその発言が記事として上がることも。それにとどまらず、それをまた「ネットで話題」「ネットが騒然」などと報じる。

スポーツ紙&週刊誌→テレビ→ネット→テレビ→ネット……と、新しいエサが投入されるまで延々これを繰り返す。人が噛んで捨てたガムを拾って、噛んでまだ味がすると噛み続けている、そんなイメージだ。
井戸端会議の主婦と同レベル
代表的な番組といえば「バイキング」(フジテレビ系、坂上忍司会)で使い回し度ナンバーワン。今もっともエコな番組(皮肉)といえるだろう。19日、その冒頭で謝罪が行われた。14日放送の番組で「週刊新潮」の記事を許諾なく使った、というものだった。
この謝罪を見て、他のはちゃんと許諾を取ってたんだと逆に驚いた。もっとも、許諾を取りさえすれば、ネタ取り放題というのもどうなの、という気がする。
自分たちの労力を使うわけでも足で稼ぐわけでもなく、人のネタを報じるだけなんて井戸端会議の主婦と同じレベル。いや、それよりもタチが悪いのは元週刊誌記者や芸能リポーターらが言うことで、これが真実と思わせようとするところ。

昔からローカル局の芸能情報はこういうタイプのものが多かったが、キー局でそれをやってはいかんでしょ。SMAP3人の独立にしても、新聞記事を読み比べてる暇があったら、元マネジャーIさんのインタビューでもとって来いよ、という感じ。
メディアの矜持はどこへやら。フジの新社長にはお昼の顔がこれでいいんですかと問いたい。

桧山珠美 コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

 

本日の逸品

 

天然岩牡蠣 鳥取産

 

 

身がぎっしり 間違いのない岩牡蠣

 

 

昨日はラグビー部後輩の平山君が「44歳」の誕生日に来てくれました。

 

「祇園 まとい寿司」のオーナー 

京・東山区四条通り縄手上ル一筋目東入ル  ☎075-561-0543 日休

 

 

夜中遅くまでやっているので祇園で飲んだ帰り際寄ってあげてください。

 

 

熱い男です。

酔っぱらってスクラムの体制で