【千日回峰行】

9月22日(金)

皆さんこんにちは。

今日の記事

いつも思うけどホント凄いな。9日間の断食不眠 まさに超人

比叡山延暦寺 「千日回峰行」達成 戦後14人目

千日回峰行(せんにちかいほうぎょう)は、日本霊山で千日間かけて行われる、仏教修験巡拝行。

 

比叡山延暦寺に伝わる荒行「千日回峰行」に7年間にわたって挑んできた僧侶が、9日間の断食などの難行を乗り越え、18日、すべての修行を成し遂げました。この行を達成したのは戦後14人目だということです。

比叡山延暦寺に伝わる「千日回峰行」は、およそ1000日をかけて、合わせて4万キロの山道などを駆け抜けたり、9日間、食事も水も絶って眠らずに祈とうを続けたりする荒行です。
大津市の住職、釜堀浩元さん(43)は7年前からこの荒行に挑み、18日、最終日となる1000日目を迎えました。釜堀さんは、18日未明から比叡山の山中を30キロ余り歩いたあと、信徒たちが見守る中、白装束にかさをかぶった姿でお堂の前で祈り、すべての荒行を成し遂げました。
これで、釜堀さんは徳が高い僧侶として「大行満大阿闍梨」となり、信徒の頭や肩を数珠を持った手で触れて徳を授ける「お加持」を行いました。
延暦寺によりますと、「千日回峰行」を成し遂げた僧侶は戦後14人目で、記録が残る安土・桃山時代のおよそ430年前から数えると51人目だということです。
釜堀さんは「支えてくれた人たちのおかげです。多くの人のためになる僧侶になれるよう日々、精進したい」と話していました。

 

「千日」と言われているが、実際に歩くのは「975日」であり、残りの「25日」は「一生かけて修業しなさい」という意味である。

 

千日 回 峰行の動画

本日の逸品 

 

真さばきずし

 

 

まだ脂はのっていませんが、押しずしにします。

 

 

これから旨くなります

 

 

故・高倉健さんの言葉

 

 

 

千日回峰行を2回達成した、天台宗の僧侶・酒井(雄哉)大阿闍梨の言葉だそうです。