【破綻から20年】

11月24日(金)

 

皆さんこんにちは。

 

クリスマスまで一か月

 

 

今日の記事

 

衝撃なニュースだった。

自殺者も多く出た バブル崩壊の象徴

 

たくぎん、山一の破綻から20年で考えること 一つの会社だけで職業人生は完結しない 

 

20年前の11月は北海道拓殖銀行と山一証券が破綻した月だった。それぞれの命日(破綻の発表日)は17日と24日だったと記憶している。特に、「社員は悪くありません」という台詞とともに記者会見のテレビカメラの前で当時の野澤正平社長が涙を流した、山一証券の破綻をご記憶の方が多いのではないか。

 筆者は北海道出身であり、叔父がたくぎん(東京では「ほくたく」だったが、地元では「たくぎん」と呼ばれていた)に勤めていた。また、就学前のことだが、たくぎんのポスターのモデルになったこともある。そして、破綻当時は山一証券に勤めていた。いずれの破綻も強く印象に残っている。

 2つの金融機関の破綻が残した最も大きな社会的影響は、「会社は人生を預けるほど頼りになるものではない」ということを、印象的に可視化して、広くサラリーマンに伝えたことだろう。

 だからといって、個々のサラリーマンが、勤務先の会社を離れても生きていけるような個人的な「備え」を持つ努力をしているようには見えないが、少なくとも意識の上では、「大手企業といえども、倒産することはあるのだから、会社だけを頼る人生は危険だ」と多くの人が認識した。

 明らかに変化したと思われるのは、「転職」に対する評価の変化だ。それ以前は、転職や中途入社はなにがしか前職での失敗を意味するようなネガティブな評価を受けがちだったが、その後には、「転職できるということは、評価される実力があるということだろう」といったポジティブな評価が増えた。

山一は証券会社であるにも関わらず社員にとって居心地のいい会社だったので、自主廃業は社員たちに気の毒だった。しかし、翌年に銀行窓口での投資信託販売を解禁するなどの規制緩和がセットになった「日本版ビッグバン」が予定されるなど、金融人材へのニーズがあったことは幸いだった。

 たくぎんは、北海道内のビジネスを道内3番手の銀行だった北洋銀行に、道外のビジネスを中央信託銀行(当時)に譲渡した。山一と異なり、多くの社員には行き先があったが、たくぎんを吸収した北洋銀行は、その後ビジネスモデルの確立に苦労しているように見える。独禁法上の観点から難しかったのかもしれないが、道内2番手の北海道銀行と経営統合して「大きな地銀」として独自のビジネスを模索した方が面白かったのではないかという感想を持つ。

 今日、そもそも会社というものが不安定であることに加えて、勤める人の長寿化という新たな要因にも注目が集まっている。一つの会社だけで職業人生が完結しないことが増えた。一人一人が自分の人生を設計する必要がある。結果的に潰れない会社の社員でも同様だ。(経済評論家・山崎元)

 

山一証券・拓銀 経営破たん

 

NHKネットクラブにログイン

 

 

本日の逸品  

 

定番メニュー人気NO1

 

いってつ コロッケ

 

 

仕込み完了しました。

 

肉汁たっぷりのコロッケです。