【力士たちの24時】

11月27日(月)

皆さんこんにちは。

今日の記事

今場所は休場者が多く見応えの無い残念な九州場所でした。

優勝後のインタビューで白鵬は節目40回の優勝で気分が良かっただろうが万歳三唱は余分だった。

救いは安美錦の勝ち越しだった。37歳でアキレス腱を切り幕下まで陥落39歳で幕内まで上がりで勝ち越した。

感動!貰い泣きしそうになりました。

起床は毎朝5時 力士たちの24時間と意外な“あるある”

出稽古で田子ノ浦部屋を訪れ、新横綱の稀勢の里と汗を流す白鵬(C)日刊ゲンダイ

出稽古で田子ノ浦部屋を訪れ、新横綱の稀勢の里と汗を流す白鵬(C)

 相撲部屋の一日は規則正しい。いま話題の貴乃花部屋は日の出とともに朝稽古が始まり、夜9時消灯だという。力士たちの一日のスケジュールは、多少の時間差こそあれ、部屋ごとにキッチリ決まっているのだ。
 元幕内力士で、押尾川部屋に所属していた大至伸行氏がこう言う。
「相撲部屋では稽古もちゃんこも風呂も番付順です。番付が幕下以下だと早く起きて真っ先に稽古場に出ますが、風呂やご飯は一番最後。早くメシにありつきたかったら強くなるしかありません。十両以上の関取になれば個室も与えられますしね。
 現役のころ、苦労したのは冷蔵庫。共用の冷蔵庫にジュースなどを入れておくとすぐに飲まれちゃう。みんなお腹ペコペコですからね。名前を書いたりしたけど、効果はなかったなぁ。ハハハ。
 何より楽しみだったのは休日です。私のころは不定期で、前日に親方から“明日は休みにする”と言われると、万歳したいくらいうれしかった。何をしてもいい自由な一日で、月に2、3回はあったと思います」

外で一杯やる時間はあるものの、稽古、ちゃんこ、睡眠が一日の大半を占める。
◆5時…起床。番付が下の若い者から早く起きる。洗顔、歯磨きのあと、稽古場へ
◆5時30分…幕下までの若手が、四股、スリ足などの基礎運動をやり始める
◆7時…関取が起床。ゆっくり準備し、まわしを着けて8時ごろに稽古場に下りてくる。約30~40分間、基礎運動やてっぽうで汗を流し、9時ごろから土俵に入る。申し合いで稽古
◆10時30分~11時…稽古終了。番付が高い順から風呂に入る。若い衆は手分けしてちゃんこの準備
◆11時30分…昼のちゃんこ。これも番付順で親方や関取衆が先。若い衆は給仕をして、関取が終わってから食べる
◆13時…自由時間。昼寝タイム。食べたら寝る、コレが日課

◆16時…若い衆は先に起きて稽古場の掃除。ちゃんこ担当は夕食の準備開始。関取衆はちゃんこまで自由時間。トレーニングに汗を流すマジメな力士もいる
◆18時すぎ…夜のちゃんこ。力士のご飯は1日2回
◆19時~…自由時間。門限までなら外出も可。部屋でゴロゴロしたり、筋トレに精を出す力士も
◆21時30分…就寝。幕下以下は大部屋。最近は兄弟子たちに3~4人部屋を与える相撲部屋もある
■両国国技館の便器は特注品
関取の平均体重は160キロ以上! 大きすぎるゆえの事故も多発している。そのひとつが、便座問題。以前、二子山部屋の女将さんだった藤田紀子さんが「便座を割ってしまう力士がいる」とボヤいていたもの。そこで両国国技館ではTOTOの特注製品が使用されている。ふつうの便器に比べて幅が5センチ、長さが7センチも大きく、力士の体重に耐えられる設計。また、便の流れる排水管も太く詰まらないようになっている。

■懸賞金を出すには最低93万円必要
懸賞金はどうしたら出せるのか? 現在は原則、法人のみが出すことができ、さらに幕内の取組に限定されている。賞金の額は1本6万2000円(税込み)で、1場所に15本以上出すことが条件。つまり最低でも93万円かかる。
賞金の内訳は、相撲協会の事務手数料として5300円が引かれ、勝利力士にはそこから納税充当金2万6700円を引いた残りの3万円が支払われる。納税充当金は、力士が引退する時に余った分が本人に戻される。

 

本日の逸品

 

豆腐と自然薯のジェラート

 

豆乳ジェラート に対する画像結果

 

豆腐をすり鉢でアタリ、自然薯を入れ長時間練り上げた逸品。口当たりがジェラートのように滑らかな食感。

デザートようでが甘くありません。女性に人気の逸品です。

 

忘年会のご予約承っております。

☎075-595-2330まで