【師走突入】

12月1日(金)

皆さんこんにちは。

今日から師走気ぜわしい季節です。

今日の記事

すぐに口座に振り込まれるようだがいい査定ではないようだ。

メルカリも参入 お手軽「即買い取りサービス」は損か得か

 フリマアプリのメルカリが27日、不要なブランド品をすぐに現金化できる即時買い取りサービス「メルカリNOW」をスタートさせた。
 売りたいブランド品をスマホで撮影し、登録するだけで、すぐに査定金額が提示される。それでOKとなれば、買い取ってくれるというもの。即時買い取りサービスには先行の「CASH」もあり、CASHでは最低買い取り金額を1000円にする対抗策を打ち出すなど“火花”が飛び散っている。が、不要だからとあっさり売ってしまっていいものなのか。
 経済ジャーナリストの岩波拓哉氏は「今すぐ現金が欲しいという人以外には、おすすめしません」とこう続ける。
「フリマアプリに出品してもなかなか買い手がつかないという人には魅力的に映るでしょうが、そもそもメルカリは査定金額の上限が2万円なので、それ以上で売りたい人には向かない。また、すぐに買い取ってもらえる分、査定金額は相場より若干安くなるそうです。1円でも高く売りたい人にも向かない」

急いては事を仕損じるというわけだが、それでは、どうするか。
楽天リサーチが7月に実施した中古品(リユース品)の売買に関する調査によると、中古品を購入する際も不要品を売る際も「中古品取り扱い店舗」という回答(複数)が7割近くでトップ。性別、年代を問わず、売買は“実店舗”が多数派なのだ。
「実店舗に持ち込み、査定金額の相場を知ることです。大抵は自分が予想している金額より、かなり安い。現実を思い知らなければ、値付けのさじ加減もできません。売る覚悟もできない。相場に10~20%ほど上乗せした即決価格でオークションサイトに出品し、それで売れなかったら少しずつ値引いていく。そろそろ売りたいとなれば、相場でフリマアプリに出品するか、実店舗で売ればいいのです」(中古品売買業者)
三越伊勢丹ホールディングスは先月、名古屋三越栄店に、全国5店舗目となる中古品の買い取り相談窓口を設けた。買い取りだけでなく、相談も受け付ける。専門家が鑑定に当たる相談窓口は年末までの限定だが、好評のため、他店舗と同様に常設化を検討しているという。1円でも高く売りたければ、手間を惜しんではいけない。

 

今日の記事

 

剣先いか(長崎)800G近い大物

 

 

肉厚で美味!

 

 

 

赤武(あかぶ)岩手

純米吟醸入荷しました。

 

吟醸の香りであるのに口の中で消えていく旨い酒

入手困難になっております。お薦めの銘酒です

 

 

 

 

 

★忘年会のご予約承っております★

☎075-595-2330まで ご相談ください!