【芸の肥やし】

2月1日(木)

 

皆さんこんにちは。

 

朝からみぞれ雪。一段と寒さが増します。

 

今日の記事

 

文枝師匠も昭和のスターやね

 

女遊びが肥やしにならず 桂文枝“愛人醜聞”で汚れゆく晩節

 

「つまるところ、まったく懲りていなかった」(演芸関係者)ともっぱらだ。桂文枝(74)が昨年末に不倫疑惑を報じられた日本舞踊のセンセイと公私混同の付き合いを続け、上方落語協会会長として選考に関わった演芸場の名称の一般公募に関与させたとされる騒動――。文枝は「喜楽館」とする案を伝え、この女性に応募させた揚げ句、それをプッシュし採用させていたというのである。



 文枝と名称決定を行った「新開地まちづくりNPO」の高四代理事長(70)が「公募のルールに直接違反しないが、モラル的な問題はあると思う」とするなど、批判が相次いでいるが、当人は会見はおろかコメントも出していない。「女遊びは芸の肥やし」「浮気は男の甲斐性」と、やり放題やってきた世代だけに、今回の騒動で罪悪感を持っているかすら疑わしいのだ。しかも、明るみに出た文枝の不倫は演歌歌手の紫艶に続いて2度目。日舞のセンセイとも別れ話でトラブルになり、今回の命名騒動が発覚するというお粗末である。

芸の肥やしとは、もともと芸人、これはお笑いタレントではなく歌舞伎や落語など芸事に携わる者たちの用語。女形を演じたり、女心を表現するうえで芸者からしぐさや表情を学んだりしていたとされる。



「昔は世襲が多く、いつも同じ一座や顔ぶれでは、見識は広がらない。そうしたなかで、浮気やら愛人を持つことも、人生経験になるという拡大解釈がなされていったのでしょう。付き人や弟子たちが本妻を1号、愛人を2号、3号と隠語で呼んで、師匠の送り迎えをしていたそうですから、愛人も別宅も半ば公認。本宅は生活費を入れてくれるならば、と渋々認めていたようです。妾を囲うことは、一人前の男の証し。いわゆる旦那の特権でもあった江戸時代からの名残もあったのでしょう。もっとも、住居を用意して生活費を工面し、親の面倒も見て、子どもができたら認知するといったところまで丸抱えが当然だった。それが、時が経つにつれて次第にそうした責任の部分だけないがしろになって、風俗遊びや好き勝手やるための方便になっていったようです」(演芸関係者)

そうした風習を都合よく踏襲し、景気の良い頃は金持ちのタニマチも存在するなど好き放題やってきたのが文枝らの世代だというわけだ。芸能リポーターの城下尊之氏が言う。



「今回の文枝師匠の対応は、昭和のスターの特徴だと思います。ご自分に都合のいいことは楽しくしゃべってくれるのですが、そうじゃないと、全くしゃべってくれない。文枝さんでいえば、女性に訴えられていたことがあり、ご自宅前で朝方、マイクを向けると『難儀してまんねん。全く分からへんから、弁護士の先生に頼んでます』などと、にこやかに答えてくれたのを覚えています。このときは後ろ暗い部分がなかったのでしょう。萬屋錦之介さんもそうです。心配された体調のことや舞台のことを伺うと、立ち止まって冗舌にしゃべってくれましたが、ちょっとご本人に都合の悪い質問をこちらがすると、ぴたっと表情が消えて、スタスタと何も言わずに立ち去ってしまわれた。松方弘樹さんは、都合の悪い質問にも堂々としゃべってくれるのですが、事務所の人が入って来て話を遮ってしまう。渡哲也さんの会見では、何でもしゃべってくれた会見後に石原プロの方がどこそこのコメントは報道しないようにと言っていました。それがまかり通った時代だったんですね。今ではとても考えられませんが。そういう時代でしたから、スターは自由でいられたのです」

何かやらかしても、穏便に解決するスタッフが周りにいたり、またそのためのカネも潤沢だったのだろう。しかし当然ながら、それらは遠い過去の話である。ギネス記録更新中の「新婚さんいらっしゃい!」の降板は免れたが、70歳を過ぎて女性スキャンダルまみれでは芸能界どころか社会からも居場所を失い、晩節を汚すことになる。

 

本日の逸品

 

今日も寒い

 

牡蠣のうどん鍋

 

 

温まります。