【空白の2年】

3月29日(火)
皆さんこんにちは。
ちらほら桜が咲いてきます
今日の記事
びっくりしました
空白の2年間をどのように保証するのか
15歳少女監禁 容疑者の“奇妙な行動”コンビニ店員が語る

寺内樺風容疑者(本人のフェイスブックから)

寺内樺風容疑者(本人のフェイスブックから)

 2014年3月に行方不明となった埼玉県朝霞市の女子中学生(15)が東京都中野区で保護された事件で、県警は28日未明、職業不詳の寺内樺風容疑者(23)=中野区東中野=を静岡県伊東市内で発見し、身柄を確保した。寺内容疑者はけがをしており、静岡県内の病院で手当てを受けている。
 寺内容疑者は「カッターで首を切った。自殺しようと思った」などと供述しているという。県警によると、寺内容疑者は数日間の入院が必要で、退院し次第、未成年者誘拐容疑で逮捕する方針だ。
 県警は27日寺内容疑者の逮捕状を取り、28日未明から公開捜査していた。
 県警によると、公開捜査直後の28日未明、伊東市内で「男が血だらけで歩いている」と通報があった。静岡県警の警察官が駆け付け、午前3時20分ごろ、伊東市内の路上で寺内容疑者を発見した。所持していた運転免許証などで身元を確認の上、身柄を確保したという。
寺内容疑者とは、どういう男なのか。住んでいたマンションのある中野区のコンビニ店員はこう話している。
「1人分とは思えない分量の弁当やお菓子を買いにきていた。夜なのにサングラスをかけていたので、おかしな人だとは思っていた」
 寺内容疑者のものとみられるフェイスブックには、「千葉大出身」「千葉市在住」と書き込まれている。千葉大の広報は本紙の取材に「同姓同名の人物が工学部に在籍していることは確認しています」と答えた。今月、消防設備会社に就職が決まっていたという。
 フェイスブックには米国の航空学校名も所属先として記され、小型機の中でポーズを取る写真もあった。
 大阪府池田市にある実家は、ネット通販の会社を家族で経営しているという。
 今後は、女子生徒が行方不明だった2年間をどのように過ごしていたかなどが捜査されるが、女子生徒は「これまでも逃走の機会をうかがったが、なかなかできなかった」と話しているという。
 また、女子生徒は行方不明となった後について「ずっと千葉にいた」と話しているもよう。捜査関係者によると、寺内容疑者は今年2月、千葉から中野区のマンションに転居したという。

今日の逸品  
自家製 蕗のとう味噌
大量の蕗の薹を入れ米味噌でこしらえました。



ご飯にも酒の肴にも合います。
小売りしますのでお声掛けください