【暴言癖】

4月3日(日)
皆さんこんにちは。
あちこち桜が綺麗ですね
有名な場所は人でいっぱい・・
今日の記事
皆では無いがこの世代の方にはこういう人が多すぎ
自意識過剰にも困ったもんだ
球児らに「1回戦負けしろ」自民県議の“暴言癖”有名だった

志賀学園はベスト8だったからよかったが…(C)日刊ゲンダイ

滋賀学園はベスト8だったからよかったが…

「1回戦負けしろ」――。甲子園出場の滋賀学園の球児らに暴言を吐いた自民党の吉田清一滋賀県議(68)が31日、釈明会見を開いた。「私が言ったのは『こんなことをしていたら1回戦で負けるぞ』という趣旨だ」とし、「謝罪はしない」と話した。
 そもそもなぜ、こんな暴言を放ったのか。
「3月16日に県庁で行われた球児らの『激励会』の帰りでした。吉田県議が、球児を乗せるため県庁前に停車していたバスを駐車していたと勘違いした。駐車禁止エリアだったため、『誰の許可を得てん』と突っかかった。なぜか大声で球児らを罵倒し始めたのです。もちろん、バスは停車にあたって県庁の許可を取っていたのですが、結局、学校側が謝罪し、その場は収まりました」(滋賀県関係者)
 単なるイチャモンなのだが、吉田県議は「停車していると先に言えばよかった」と逆ギレ。最後まで非を認めることはなかったから球児らもビックリだろう。このトンデモ県議は一体、どんな男なのか。
 吉田県議は当選6回で、2010年には議長を務めたこともあるベテラン。以前は塾を経営し、地元では評判の“教育者”だったという。
 だが、キレやすい性格なのか、暴言が問題になったのは今回が初めてではない。
■2年前にも女性市議に
「14年の衆院選の際、自民党の女性市議に『バカで段取りが悪い』『おまえがいたら勝てる選挙も勝てなくなる』などと公衆の面前で罵倒した。女性市議はショックを受け、SNSにパワハラ内容を書き込み、炎上する騒ぎがありました」(滋賀県議)
 被害者の女性市議を直撃すると、今回の件のコメントは控えるとしながら「パワハラについて謝罪は一言もありませんでした」と憤った様子だった。
「09年に滋賀の自民党国会議員が全員落選し、吉田さんが自民党県連のトップを務めていた。そのころから“天狗”になったといわれていますよ。女性や子どもに厳しく、普段から気にくわないことがあると言いたい放題。女性市議の時も『アイツが作り話をしている』と吹聴していました」(自民党市議)
 失言ばかりの国会議員はどうしようもないが、地方議員にもロクなのがいないのか。滋賀学園は優勝した智弁学園には敗れたものの、初出場ながら1回戦負けどころかベスト8だった。せめてもの救いか。

今日の逸品  
剣先いか  


刺身、握りがお薦め! 
こんなんあったんだ!
レンジ保温ふた

今まではいちいちラップをしていましたがこれは便利!