【熊本地震】

4月15日(金)
皆さんこんにちは。
今日の記事
えらいことになってます
これ以上死者がでないといいのですが・・
熊本城崩落…九州初の「震度7」 9人死亡、負傷者1000人超

自衛隊が派遣された(写真は東日本大震災当時)/(C)日刊ゲンダイ

自衛隊が派遣された(写真は東日本大震災当時)/

余震頻発…6強も
 熊本県益城町で最大震度7を観測した地震による被害は、時間を追うごとに深刻さを増している。
 防衛省や熊本県などによると、これまでに20~90代の男女9人の死亡が確認された。警察庁によると、倒壊家屋の下敷きになった犠牲者は8人で、残る1人は自宅内で転倒して亡くなった。死因を明らかにした4人のうち、窒息死が3人、外傷性ショック死が1人だった。
 県内のケガ人は1000人を超え、うち53人が重傷。県内5カ所の主要病院だけで負傷者計約390人を受け入れた。厚労省によると、御船町の希望ケ丘病院でライフラインの途絶や倒壊の恐れにより、入院患者177人が近隣の高校への一時避難を実施している。県内500カ所の避難所に一時、計約4万4400人が身を寄せた。
■政府は自衛隊員1700人を投入
最初の揺れがあったのは、14日午後9時26分ごろ。
 九州中部を中心に西日本の広い範囲で強い揺れを記録した。震度1以上の余震は15日正午までに125回。震度6強、6弱はそれぞれ1回、5弱は2回、4は16回を数えている。午前0時3分に観測された震度6強の余震では、気象庁が13年3月に長周期地震動の観測情報提供を始めて以降、国内で初めて「階級4」(立っていることができない)を観測した。
 気象庁は「平成28(2016)年熊本地震」と命名。約1週間、最大で震度6弱程度の余震が発生する可能性があるとして警戒を呼び掛けている。
 政府は14日夜、首相官邸の危機管理センターに官邸対策室を設置。非常災害対策本部の会議を断続的に開いているほか、松本文明内閣府副大臣をトップとする現地対策本部の設置が決まった。
 被災地では自衛隊約1700人、熊本県警など19都府県警の約1220人の災害派遣隊が活動。消防隊員約1400人も救命、救出に当たっている。気象庁は熊本県を含む九州北部で17日に暴風や大雨の恐れがあると発表。地震で地盤が緩み土砂災害が起きやすくなっている可能性もあり、警戒が必要だ。

九州自動車道 亀裂と陥没
 交通への影響は九州全域に広がっている。
 地震発生直後から九州新幹線は博多―鹿児島中央間の全線で運転を見合わせた。国交省によると、JR熊本駅から近くの車庫に向かう途中だった九州新幹線の回送列車1編成が脱線。運転士と車掌が乗務していたが、ケガ人は出なかった。JR九州は15日の始発から九州新幹線の全区間で運転を見合わせ。JR西日本は山陽新幹線から直通する列車は博多で運転を打ち切っている。
 西日本高速道路によると、九州自動車道は熊本県内での路面の陥没や隆起が多数発生。トラック1台が亀裂にはまり込んだが、ケガ人はいないという。南関IC~えびのIC間と、南九州道の八代JCT~津奈木IC間のそれぞれ上下線が通行止めになっている。
 震源地の益城町にある熊本空港は滑走路に異常はないものの、午前中発の4便が欠航。2便が遅延を予定している。
今日の逸品  
季節の紙包み焼き 桜の香り


春のもんを入れ蒸し焼きにしました。