【花山椒料理】

4月24日(日)
皆さんこんにちは。
昨日は忙しく更新できませんでした<m(__)m>
今日の記事
他社もカタログの通りの燃費ではないと思うが・・
燃費不正の三菱自動車 “身売り先”に浮上する本命と大穴

買い叩かれるのか?(右が三菱自動車の相川社長)/(C)日刊ゲンダイ

買い叩かれるのか?(右が三菱自動車の相川社長)/

 三菱グループ首脳からは「もう無理だ」のタメ息が漏れている。三菱自動車を支え切れないというのだ。
 三菱自は、軽自動車4種の燃費性能データ不正に続き、きのう(22日)新たに看板車種の電気自動車(EV)「i-MiEV(アイ・ミーブ)」のデータ不正が発覚した。
 株価は暴落し、22日に年初来安値の489円をつけた。
「市場の関心は、すでに三菱自の身売り先に移っています。三菱重工や三菱商事などグループの中核は三菱自を“見捨てた”と伝わっています。ただし、スリーダイヤのプライドにかけて倒産させるわけにはいかない。となると、買い手探しに必死でしょう」(証券アナリスト)
 市場では、中国の自動車メーカーが関心を寄せていると囁かれる。
「三菱自は自社エンジンを中国メーカーに供給しています。そのうちの何社かが興味を示しているといわれます。エンジンを買っているのは、中国最大の民営自動車会社の長城汽車、中国3大メーカーの一角を占める東風汽車、それに準大手の北京汽車です」(ジャーナリストの井上学氏)
中国企業は東芝の家電部門を買収するなど、日本企業の獲得に熱心なだけに、「開発部門を持ち、中国企業に比べれば技術力のある三菱自は魅力かもしれません」(井上学氏)という。
三菱自動車が20日、2013年6月から自社で生産した軽自動車2車種と、日産自動車向けにOEM生産していた軽自動車2車種について、燃費を実際より良く見せるため試験データを不正に操作していたことを会見で明らかにした。対象台数は計62万5000台。日産側の指摘で発覚した。三菱自動車といえば、2000年にリコール隠しが発覚。信用を失墜させたが、なぜまた不祥事が噴出してしまったのか。
■日産の販売力に頼らざるを得なかった
「13年当時は、ガソリン代が高かったこともあり、1リットル当たり100メートルでも長く走れるような低燃費車の開発競争が各社で繰り広げられていました。三菱自動車はリコール問題の余波で販売力が脆弱で、日産へOEMを提供することで、1台でも多く自社製品の販売を伸ばしたかった。ある意味、日産の販売力に頼らざるを得なかったのです。それだけに、日産の求める燃費効率は何としてでも達成しなければならない。それがプレッシャーになり、開発現場で不正操作が行われた可能性があります」(自動車ジャーナリスト)

会見した相川哲郎社長は、「(13年当時の)担当部長が不正操作を指示したと発言している」「今年4月13日に調査結果の報告を受けるまで事実を知らなかった」と言っていた。しかし、本当に相川社長が知らなかったのか、疑問だ。相川社長は1978年の入社後、開発畑一筋。今回問題になった「eKワゴン」も、もともとは相川社長が手掛けた車種で、開発現場には精通しているはずだからだ。日産が不正操作を確認した昨年11月から、調査結果の報告を受けた今年4月13日までの間、一切の事実を把握していなかったというのはいかにも不自然ではないか。
「相川社長の父・賢太郎氏は、三菱重工の社長と会長を務めた重鎮です。14年6月の社長就任前から、関係者からは“プリンス”と呼ばれ注目を浴びていた。優秀で、実直な性格である半面、親の七光にアグラをかいていた側面もなくはない。開発現場から上がってくる数字をうのみにしてしまっていたのかもしれない」(業界事情通)
 会見では、記者からの怒涛の質問攻めに「調査中」と繰り返した相川社長。多くの謎はくすぶったままだ。

今日の逸品 
この季節だけの花山椒

花山椒の鶏スープ

四川山椒を利かせた
春キャベツと筍の回鍋肉ご飯

これは旨し  
病みつきになります