雲・雲・雲子

 11月5日(月)

皆さんこんにちは。
今日から一週間の始まりです。
さあ、頑張っていきましょう!
皆さん最近のNHKの大河ドラマって見てはりますか?
この前の福山雅治の「龍馬伝」は、大盛況に終わったが、マツケン演じる「平清盛」は、3週連続1ケタの視聴率にあえいでる(関西7.5%)最終回の12月31日まできっちり放送するが、クライマックスの源平合戦を待たずして ‘討ち死に‘状態である。
13年は、綾瀬はるか(27)主演の「八重の桜」、14年は、岡田准一(31)の「軍師 官兵衛」ですが、14年は、本当は、「島津義弘」だったみたいです。
島津義弘は、信長、秀吉と同時期に活躍した薩摩の戦国大名。兄の義久を助けた島津家最強の部隊の将。
関が原の合戦では、300足らずの兵で敵中を突破したことで有名で、朝鮮出兵の際に明の大群相手に勇猛に闘った。
鬼の島津‘と恐れられてたいう資料が残っているほどです。
ただ、その豪快さが「ネック」になったようで、朝鮮出兵は、義弘公の見せ場のひとつ。 絶対に外せないシーンだし、申し分ない‘山場‘です。
8月に竹島の領土問題で日韓が揉めている中でどうやら『待った』がかかった。地元・鹿児島は、県を挙げて大河の誘致活動に積極的だったけに、『がっくり』の様子だ。大河ドラマとなった地元への経済効果は絶大であるだけに。。。
コト無かれ主義の政府と放送局に振り回されては、「義弘公」もいい迷惑である。

本日の逸品

お待たせしました。冬の食材の代名詞
「雲子(くもこ)」(真鱈の精巣)

鮮度 抜群!!!

天然真鯛 もあります。 
こちらも 鮮度抜群! 
どうぞ およばれやす。
ご来店お待ちしております
http://www.teshigotokoubou-ittetsu.com/index.php?data=./data/l1/