未熟な2人? いや完熟な2人どす

 11月12日(月)

皆さんこんにちは。
昨日とうってかわって今日はいいお天気になりました。
今日からまた一週間お仕事頑張ってください!
今日は「マラソンの賞金」について触れたいと思います。
日本のマラソンは賞金レースを増やしたほうがいいと思いますか?
世界のマラソンには、高額な賞金がでます。(一例)
NY   マラソン 優勝者 13万ドル(約1040万円)
ロンドン            5万5000ドル(約440万円)
シカゴ             7万5000ドル(約600万円)
ドバイ             25万ドル   (約2000万円)
              (+世界新 100万ドル(8000万円) 
マラソン王国のエチオピア・ケニアの男女トップランナーたちは、このような高額賞金レースには参加するが、賞金のでない日本のレースには、多額の招待料を支払ってくれなければまったく見向きもしない。マラソンに危機感を抱く陸連は、国内6大マラソンを賞金レースとする方針を決めた。
男子は東京、福岡国際、びわこ毎日の3レース。女子は東京、大阪国際、名古屋国際だ。
「ニンジン」をぶらさげれば、世界の一流どころがこぞってやってくという狙いだ。
確かにレベルの高い彼らと一緒に走ることで世界レベルを実感できるし、そこから新たな課題も見えてくる。
まずは、東京マラソンの優勝者に800万円。世界新なら気前よく3000万円のボーナスを出す。
国内に高額賞金レースが増えても、積み上げた札束はみんな海外選手に持っていかれことになるが、それでも日本のマラソン選手が五輪で再び金メダルを取るには、高い「授業料」を払って海外のトップ選手に学ぶしかない。(記事 一部 修正) 
この前の五輪の日本選手を見てると、どうも走りこみが足らなかったように見えました。現役時代の高橋尚子、野口みずきのの走りを見てると愕然の差がある。彼女2人は相当走りこんでいたんだろうと思った。 
本日の逸品
活あわびのバター醤油焼き



今日のは、小ぶりのあわびです。
ご来店お待ちしております。
http://www.teshigotokoubou-ittetsu.com/index.php?data=./data/l6/
昨日は、リーガロイヤル大阪にて
いってつのお客さんの結婚式に出席してきました。

新郎は、挨拶で緊張のあまり カミカミ・・(笑)

新郎の北村さん 新婦 幸子さん
実は、新婦 幸子さんは、以前いってつで1年間ほど働いてくれた子なんです。彼女がいたのは、5年ほど前のぐらいなのですが、いつの間にやら・・・ うちでの出会いがきっかけでした。
新婦は輝いててとても綺麗でした。。。

ケーキ 入刀

       
キャンドルサービス

新地のママ? 
では、なくうちの常連さんの奥様方。
新郎も嬉しそうでした。