ブログ更新しました【鮑】

 1月28日(月)

皆さん通勤、通学はどうもなかったでしょうか?
今朝、雪が残って、寒い朝になりました。
北部は、大雪でかなり積もってましたね  
明日は幾分ましになりそうですが、まだまだ油断なりませんので、皆さんもお気つけ下さい。
今日は気になった記事があったので紹介します。


ふざけるな! 生徒を見捨てた教員の優雅な生活



【政治・経済】


2013年1月24日 掲載


 見捨てられた生徒は唖然ボーゼンだろう。退職金の減額を避けようと、定年を待たずに年度途中で学校を辞める教員の「駆け込み退職」が全国に広がっている。
 埼玉県の公立学校で明らかになった110人だけでなく、佐賀県や徳島県でも教頭や学級担任ら43人が教え子よりもカネを選んでいた。
 埼玉県の上田清司知事が「学級担任が残り2カ月で辞めるのは無責任のそしりを免れない」とカンカンになるのも当然だ。現場からは「退職金が減るのはツライ」と擁護する声も出ているというが、教員はそれほど安月給なのか。
「たとえば、埼玉県が公表している教員の平均月額給与は40代半ばで約44万~47万円。大企業と比べて決して遜色ない金額です。中小企業と比べると10万円以上も高い。退職金を見ても、勤続38年の60歳で、およそ2700万円もらえる。クビにもならない環境を考えたら、民間よりもかなり恵まれています。高い年金ももらえるのだから、老後も心配ないはず。そもそも、カネが欲しいなら、最初からビジネスマンになればいい。なぜ聖職者になったのか。責任感のカケラもない大人を『先生』と呼んできた生徒は哀れです」(教育ジャーナリスト)
駆け込み退職を決めた教員は、これまで積み上げた教員人生を、優雅な老後と引き換えに売り払ったのである。
(新聞記事 伐採)
教師も人の子、賢い人生選ぶってことですね。
本日の逸品
あわびの肝バター醤油焼き


かなりでかいあわびです。
焼きでお薦めします。

今回は特別に、原価ど返しの1500円でお出ししますんんで、是非お召し上がりくださいませ。値打ちあります!
http://www.teshigotokoubou-ittetsu.com/index.php?data=./data/l1/