【ロシア美女の劣化】

3月4日(日)

 

皆さんこんにちは。

 

いいお天気です。

 

今日の記事

 

若い時は綺麗なのに

ロシアのおばちゃんよう肥えている

 

平昌金ザギトワも10年後は…ロシア美女はなぜ太っちゃう

 

 平昌五輪の女子フィギュアスケートで、ロシアから個人資格(OAR)で出場した金メダルのアリーナ・ザギトワ(15)と銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ(18)。10代とは思えない色気とスタイルにクギ付けになった男性も多いだろう。



 しかし、ロシア美女は劣化も激しい。30歳も過ぎればあっという間に、肝っ玉母ちゃんのように変わってしまう。どうして太っちゃうのか。やはり厳しい気候が影響しているという。



「極寒で運動量は少ないのに、生命を維持するためのカロリー摂取が激しいのです。ジャムも大好きで、ロシアンティーにも入れますし、ジャムの入ったロシアアメも国民に人気のお菓子。凍てつくような寒さで、糖分に幸せを感じるといいます。また、極東ロシアでは細い指だと凍傷になりやすいし、体を守るために動物性の脂肪を大量に取ると聞きます。昔、北極探検するグループを取材したことがあります。探検隊員のひとりの女優・和泉雅子さんは『寒さを乗り越えるために20キロ体重を増やした』と話していましたね」(旅行ライターの渡辺輝乃氏)

ロシアの1人当たりのマヨネーズ年間消費量は5・1キロで世界一。日本人(1・5キロ)の3倍以上も摂取している。砂糖消費量も1人当たり年間37・5キロ。日本は16・6キロで、やはり太っている女性が多い米国の33・7キロより多い。自家製のアルコール飲料やジャムに使用するためだ。



 高カロリーのアルコール度数の高いお酒を摂取するのも、寒さをしのぐため。さかのぼれば、ロシア帝国の女帝エカテリーナ、エカテリーナ2世とも加齢とともにふくよかな体形になった。これもジャム入りの紅茶が好きだったからだろうか。



「ただ、最近はモスクワを中心にスポーツジムも充実し、健康志向の輸入食も人気。ヨーロッパ圏のようなモデル体形を目指して、維持する女性が増えていますね」(渡辺輝乃氏)

 

雑誌で一目惚れ ザギトワ「金メダルのご褒美」は秋田犬

子フィギュアスケートのアリーナ・ザギトワ(15=ロシアからの五輪選手)が、メダルのご褒美として秋田犬をおねだりした。ロシア・フィギュアスケート連盟のインタビューに「あのような忠実な友達が欲しい。一緒に散歩しても怖がらずに済む。私を守ってくれる」と話したという。



 フィギュアのロシア選手団は1月下旬から大会直前まで新潟市内で調整してきた。ザギトワは雑誌に掲載された秋田犬の写真を見て一目惚れ。母親からは「五輪でいい演技をしたら考える」と秋田犬を飼う条件として表彰台を義務付けられた。



 ザギトワは羽生結弦を尊敬し、寿司やうどん、そばなどの日本食が大好物。地元モスクワでは日本のアニメを見るなど、親日家として知られる。



 日本での秋田犬の相場は12万~15万円とされる。「ママとパパがどういう決定をするかは、まだ分からない」(ザギトワ)というだけに、いっそのこと羽生におねだりしてみたら。

 

本日の逸品

 

縞鯵(しまあじ)

養殖ですが塩を打ち臭み抜きの下処理しております