【欲しいのは「いいね!」】

3月15日(木)

皆さんこんにちは。

暖かい日です。

桜が咲きそうです。

今日の記事

ケータイと(ゲーム)があったら何もいらない時代だ。

酒も、オンナ、車、ええ服もいらない・・子達

欲しいのは「いいね」 若者は“給与”より“発信”を求めてる

西野亮廣(C)日刊ゲンダイ
西野亮廣

 最近の若手はモノやカネへの執着が薄く出世も望まないという。大人が受け入れるべき価値観とは――。

◇  ◇  ◇

30年前と今とでは欲しがっているモノが全然違いますよね。今はモノがあって当たり前だから、所有欲はなくなります。出世を望まないというか、これからはロボットが代わりにやってくれるようになって、労働時間は減るだろうし、そうなると人間は週1、2日働けばいいんじゃないって考える人が出てきても当然で、実際にそういう未来に向かっている。「それでも週5で働け」とかやっちゃうと、未来が遅れちゃう。

今の10代、20代は、上の世代が欲しいもの、欲しがるものを自分たちにも押し付けないでって思っているでしょうね。別に高級なところでご飯を食べたいんじゃない。打ち上げで、みんな一緒に缶ビールを片手にポテトチップスを食べる方が楽しい。車もいらないし、地方に別荘を持ってるとかってことが訳分かんないと思うんですよ。わざわざ遠くの別荘に行かなきゃいけないなんて、もう異次元だと思います。

若い人は全員、発信したがっている。物欲はない代わりに“発信欲”がある。それで「いいね」が欲しいんです。

文化祭みたいなものもやりたがっていますね。自分たちでつくって、自分たちでお客さんになって楽しむんです。給与をいっぱいもらってもツイッターやインスタに上げれないでしょ? そんなことより、「あいつはいつも面白いことをやっているな」の方がフォロワーが増えるし、信用になるし、クラウドファンディングがやりやすくなるし、最終的にお金をつくれる状態になっている。だから若いやつには口を出さない方がいいですね。基本的に年寄りの方が能力は劣ってますから。

年寄りはポンコツでもいいんです。若いやつのポンコツって、本当に痛々しいですけど、おじいちゃんのポンコツって愛される。

僕ももっとしっかりしてましたもん、20代のときの方が。飲みに行っても、今はすぐ寝るんですけど、「しゃあねえなあ」って許されるっていうのは年輪だとかそういうものがあるからだと思うんです。もう、おじさんとかおじいさんは、ニコッてしてたらそれでいい。ポンコツ力の付いた自分をさらけ出せればいいんです。そうすると周りがなんとかしてやらなきゃってなって、赤ちゃんのときのような“支配力”が戻ってくる。

若者は「合理的」と抵抗なし シェアサービス拡大の予感

モノやサービスを他人と共有する「シェアリング・エコノミー」。ジャパンネット銀行の調査によると、ミレニアル世代の6割以上で抵抗感がないという。一方、親世代では8割近くが抵抗を感じている。今後、世代交代が進めば「シェア」が定着していくだろう。若者の7割は「経済的」「合理的」と評価している。シェアでムダが省かれるということは、半面、経済の停滞を招くのではないか。

調査は1月に行われ、18~25歳の男女500人、子どものいる40~50代の既婚男女603人から回答を得た。

親世代は79%が「コミュニケーションが面倒」、64%が「自分の資産にならないことに抵抗を感じる」。若者は、77%が「経済的」、次いで「合理的」「賢い選択」「交流のきっかけになる」と好意的。受け止め方が世代間でクッキリ分かれた。

皆で分かち合えば、経済的なのはわかるが、ムダの省略は、消費を縮小させはしないか。

例えば、2人に2着売れていた着物が、シェアされると1着しか売れなくなる。経済ジャーナリストの井上学氏が言う。

「そういう面は確かにあります。一家に1台の車が、シェアカーが増えて定着すれば販売量は減るかもしれません。しかし、トータルではシェアリングサービスは経済にプラスだと思います。というのも、新たな需要を呼び起こす可能性があるからです。例えば、別荘のシェアです。一軒丸ごと買えなくても、シェアなら別荘を持てます。別荘の需要を呼び起こします」

DVDやビデオレンタルも一種のシェアだが、買うのではなく少額で借りることで、DVDやビデオの利用が広まったといえる。

「抵抗感のない世代が増えれば、ますますシェアリングサービスは普及していくでしょう。もちろん、親世代が心配しているように、他人との関係が生じるのでトラブルはつきものかもしれません。実際、民泊など問題が起こっています。ただ、ルールを守ったり、他人とのトラブルを乗り越える調整力が身につくなどの効果もあるかもしれません」(井上学氏)

まあ、トラブルは極力シェアしたくないが。

本日の逸品

季節の白和え

---------

女性にお薦めの逸品

優しいお味でどす。