【‘’殿‘’「独立」】

3月16日(金)

皆さんこんにちは。

今日の記事

北島ファミリーもそうだな

親父は稼がないと・・家族を養えない

独立のビートたけし 愛人との再出発と”終活”宣言の波紋

肩の荷を下ろしたかった?(C)日刊ゲンダイ

肩の荷を下ろしたかった?(C)

「オレが辞めちゃうと、コイツら食えなくなっちゃうからさ」――。3月いっぱいで所属事務所「オフィス北野」を退社し、独立するビートたけし(71)はかつて、そう漏らしていたそうだ。ある制作会社幹部が言う。

「オフィス北野には実質フリーターの中年や、カラオケやダーツなどの飲食店経営が本業のようなシニアがいたり、たけし映画のチョイ役くらいしか仕事のない役者が少なくないですからね。たけしさんには取り巻きがたくさんいて、行く先々にゾロゾロと引き連れていますが、彼らを従えているというより、彼らがぶらさがっているというのが実際で、たけしさんがひとりで大所帯を食わしているようなものです。

たけしさんはいつでもチップや小遣いを渡せるよう、1万円札の札束を入れた袋を持っていて、飲食店の給仕アルバイトにもあげたりしている。そういうことを、ずっと長いことやってきたんです。今年で事務所設立から30年の節目ということもあり、もう疲れたよ、ということでしょう」

■今後は18歳下愛人との会社を拠点に

これまで二人三脚でたけしと歩んできた森昌行社長(65)はたけしから独立の理由として、「軍団を含め、これまで背負ってきたものをいったん下ろしたい。自分の時間を増やしたい」と言われたことをスポーツ紙の取材で明らかにしている。独立後は、公私ともにパートナーとされる18歳年下の「オネーチャン」と3年ほど前に設立した「T.Nゴン」という会社を拠点にしていくという。

「この女性とは同棲していて、すでにマネジャーのような動きも任せている。オフィス北野を通さずに仕事を取ってきたりもしていたそうです。それでも、たけしさんが『いいんだよ』といえば意見できる人は誰もいません。古希を迎え、身辺を整理して身軽になれば家族や軍団のことを考えずに自分の好きなことを優先できますからね」(スポーツ紙芸能デスク)

たけしは現在も、TVだけでレギュラー6本を抱える超売れっ子。「世界まる見え!テレビ特捜部」(日本テレビ系)、「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日系)、「新・情報7days ニュースキャスター」(TBS系)などに出演するほか、役者としても活動。週刊誌でコラムを連載し小説も発表、そのうえ映画も定期的に監督している。

「TV出演の最大の目的は映画の資金稼ぎ」(関係者)だったとしても、これだけ働いていれば、そろそろ休みたいと思っても当然だし、誰も文句は言えないだろう。

たけしを「殿」と慕い、鉄の団結力を誇るが、「自分の仕事でメシが食えているのはタカ、ダンカン、浅草キッドなど数人でしょう」(芸能関係者)。

それでもたけしの番組やドラマがあれば義理で出演の機会に恵まれるが、唯一にして最大のタレントであるたけしがいなくなれば開店休業間違いなしである。

「たけし軍団の若手は仕事がほとんどなく、加えて、古参のグレート義太夫は糖尿病と人工透析のため仕事がままならない状態です。今はたけし所有の『等々力ベース』で管理人兼の住み込みで面倒を見てもらっています」(前出の芸能関係者)

森社長はまた、今回のたけし独立劇について「年齢的にも体力的にも、70歳を過ぎて自分でやりたいこともあるし、今後の残された人生を考えていく上での新境地でしょうか」とコメントしている。さらに大黒柱を失うことで「(オフィス北野の)規模縮小も考えなければならない」と続けており、分裂含みの様相だ。

■かつては「欽ちゃんの真似すんだ」

芸能リポーターの城下尊之氏はこう言う。

「中高年の終活がブームですけど、たけしさんは自らの人生を総括する時期に入ったような印象です。今さら言うまでもありませんが、たけしさんは、お笑いでも映画でも、日本の芸能界を牽引してきた人。所属事務所でも屋台骨となって長年やってこられたのですから、それはしんどくもなると思いますよ。それらから自らを解き放って、肩の荷を少し下ろして、今後どんなことをしていくのか。ご自身でも自分が最後に何をするのか楽しみで、ワクワクされているのかも知れません。

かつて漫才ブームが終わろうというとき、今後どうするんですかと質問したことがあるんです。『欽ちゃんの真似すんだ』と答えたのを覚えています。なるほど、たけし軍団は萩本さんのファミリーに似ていなくもない。独立のニュースには驚きましたけど、たけしさんならば今後についても何かビジョンを描かれていると思います。それをまず伺ってみたいですね」

たけしの芸能史を振り返ると、フライデー襲撃事件にバイク事故もあったが、映画や絵画、小説といった創作分野のみならず、鋭く世相を斬るコメンテーター業などあふれる才能と影響力は変わらず。堂々たる愛人との再出発もいかにもたけし流か。

本日の逸品

紋甲烏賊

IMG_2879 IMG_20140730_062114

こりこり甘い