【大脱走】

4月20日(金)

皆さんこんにちは。

気持ちのいいお天気です。

今日の記事

未だ捕まらず

空き家に潜伏しているのか?

松山刑務所 脱走受刑者の捜索を阻む「空き家1000軒」の壁

向島を捜索する捜査員(C)共同通信社
向島を捜索する捜査員(C)共同通信社

拡大する

 愛媛・今治市の松山刑務所大井造船作業場から、平尾龍磨容疑者(27)が脱走して、17日で10日目。広島、愛媛両県警は平尾容疑者が潜伏しているとみられる広島・尾道市の向島に延べ7000人の捜査員を投入して捜索しているが、いまだに見つかっていない。

“捜索の壁”となっているのが「空き家」だ。

向島には現在、1000軒を超える空き家があるという。空き家の内部を捜索するには所有者の許可が必要。しかし、所有者が行方不明だったり、連絡が取れなかったりするケースが少なくない。

「捜査員が空き家を1軒ずつ確認しているが、かなり手間取っている。遺体などであれば1度確認すれば済むが、容疑者は逃げ回るため、同じ空き家を繰り返し何度も確認しなければならない」(捜査関係者)

静かに物陰に隠れ、捜査員が空き家を離れたスキに忍び込む――。平尾容疑者はそんな逃亡生活を続けているようだ。

総務省の「2013年住宅・土地統計調査」によると、全国の住宅6063万戸のうち空き家は820万戸で、20年前から倍増。今後、空き家が犯罪を招く温床になりかねない。実際、14日までに愛知・碧南市で、空き家から火縄銃や脇差しなどを盗んだ古物商ら4人が逮捕されている。

アナタの隣の空き家が犯罪グループの拠点に……なんて考えただけでも恐ろしい。

本日の逸品

真いわし

KIMG0416

脂のってきました。刺身、フライで