【桜えび】

5月12日(土)

皆さんこんにちは。

今日の記事

100億の価値があるんだろうか?

J神戸入り報道のイニエスタ 巨額年俸3年100億円の出どころ

2018年5月9日

実現すれば日本サッカー史上最大最高の超大物(C)AP
実現すれば日本サッカー史上最大最高の超大物(C)

「Jリーグ創成期のジーコ(ブラジル代表MF)やリネカー(イングランド代表FW)と比べても遜色ないどころか、まごうことなきサッカー界のスーパースターです」

こう話すのは、サッカーグラフィック誌元編集長の中山淳氏。スペインの名門バルセロナの主軸としてリーグ9回、欧州CL4回、クラブW杯3回制覇の原動力となったMFイニエスタ(33)のJ1神戸入りが取り沙汰され、世界中で大きな話題となっている。

今季限りでバルセロナ退団を表明していたイニエスタの移籍先は、中国リーグ1部の重慶力帆が有力視されていた。しかし7日にクラブが加入を否定する声明を発表。スペインの地元メディアが「バルセロナの胸スポンサー・楽天が経営を担っている神戸に移籍する可能性が出てきた」と書き立て、「年俸32億円・3年契約」という具体的な条件も含まれている。

 3年トータルで約100億円という巨額年俸だが、楽天が16年11月に胸スポンサー契約(4年)を結んだ後、バルセロナの大物を引き入れることも契約内容に含まれていると噂されていた。楽天の三木谷会長と親交のあるDFピケの名前も挙がったが、イニエスタのネームバリューには、スペイン代表で長く活躍したピケといえども及ばないだろう。

■年俸はすべて楽天が負担するのか

「イニエスタの神戸移籍が実現したら、年俸32億円を楽天がすべて負担するのか? という興味が湧いてきます」とサッカー関係者がこう続ける。

「約半分の15億円が実質的な年俸です。残りは日本企業とのスポンサー契約を橋渡ししたり、彼が地元で経営しているワイナリーからワインを大量に買い付けたり、そういった部分で補填していく。さらには神戸自体のスポンサー企業に『イニエスタで広告訴求力が何倍にも増える。来季から広告費をアップして欲しい』と営業を掛けられる。上積み分を年俸の一部に充当するというわけです」

 ともあれ、楽天が巨大クラブのバルセロナの胸スポンサーに名乗りを上げたのは「楽天の所有しているメッセージアプリのViber、電子書籍のKobo、動画配信サービスのWuaki、Vikiを国際ブランドに育てるという思惑があった」(前出関係者)。

今回のイニエスタの移籍話は確かに大商いではあるが、ビジネス上の投資と位置付ければ、荒唐無稽な数字ではない。

「01年にフランス代表MFのジダンが、ユベントスからレアル・マドリードに移った際の移籍金は70億円とも80億円とも報じられましたが、ジダンのネームの入ったユニホームが100万枚以上売れ、これで移籍金の半額はモトを取ったといわれました。欧州の超大物の高額年俸、高額移籍金には驚かされますが、その原資は多岐にわたっているのです」(中山氏)

移籍が発表されれば、W杯を目前にする日本代表の話題も吹っ飛びそうだ。

本日の逸品

静岡・由比産 桜えび

IMG_0570 IMG_0573 IMG_0575

天然の三つ葉とかき揚げます。

旬の風味をお愉しみにください!