【親分と若頭補佐】

ネクタイの色は変わったが…(C)日刊ゲンダイ
ネクタイの色は変わったが…(C)
誠意のかけらも感じられない(日大・内田前監督)/(C)共同通信社

 悪質なタックルで関学大QBを負傷させた日大アメフト部DL宮川泰介選手の会見で、タックルが内田前監督の指示だったことはもちろん、コーチもグルだったことが分かった。反則を強要する監督の指示を、コーチが「本当にやらなくてはいけないぞ」「できませんでしたじゃ、すまされないぞ」などと何度も念押し。「相手のQBがケガをして秋の試合に出られなくなったらこっちの得だろう」とまで言ったというのだから、まるで鉄砲玉を諭すヤクザの若頭だ。

日大のアメフト部では指導者が選手に手を上げるのは日常茶飯事。首脳陣の命令で、上級生が下級生に体罰を与えることもあったとする証言も出ている。真偽は別にしても、内部からボロボロと監督批判が出るのは指導者と選手の間に信頼関係がなかったことの証左。22日の加害選手の会見は、イメージ失墜の決定打になった。

「今後の付き合いを考えざるを得ない、というのが正直な感想です」とは、日大に卒業生を何人も送っている強豪高校アメフト部の監督だ。

歴代2位の甲子園ボウル21回制覇の実績を誇る日大のアメフト部には現在、選手だけで95人もの部員がいる。昨年の甲子園ボウルで27年ぶりの優勝を果たすまで長い低迷があったものの、それでも「名門フェニックス」の看板の威力は絶大で、昨年4月には全国から40人以上の新入生が入部した。それも、部員の供給元である全国の高校とのパイプがあってこそ。そのパイプが、今回の一連の騒動で早くも壊れ始めているのだ。

■ワンマン理事長体制に責任も

日大内部にも波紋が広がっている。21日、教職員組合は声明文を発表。田中英寿理事長(71)らに真相究明と大学の体質改善要求を突きつけた。

「日大を牛耳っている田中理事長を問題視しているようです。理事長は日大相撲部出身で、数年前、暴力団との写真を海外メディアに暴露された。これまで内田監督を引き立て、人事権を持つ常務理事に据えている。内田監督を重用してきた責任を問うつもりなのでしょう」(大学関係者)

日大OBで政治ジャーナリストの角谷浩一氏はこう言う。

「内田氏の監督辞任で問題をかわそうとした日大執行部。一方、宮川選手は潔く会見を開いて自分の非を認めた。彼が会見したのは大学が自分を守ってくれないことを痛感したからでしょう。今回の日大のやり方には文科省とスポーツ庁のほか、100万人とされる日大OBも批判の声を上げるべきです」

内田氏は既に辞任した監督職と、一時的な謹慎を表明した学校法人日本大学常務理事に加え、2014年2月から聞き慣れない会社の取締役に就任していた。

「株式会社日本大学事業部」――。

会社の本店は世田谷区の閑静な住宅街にひっそりと立つ、古ぼけた3階建ての建物。

同社のホームページによれば、事業内容は日大の公式グッズや日大生向けの保険、事務用品の販売から学生寮の管理・清掃まで。日大生の生活を“食い物”にしてビジネスを展開しているのだ。民間調査会社によると、売り上げは年々増え続け、昨年は約70億円。13年から約9倍もの急成長だ。内田氏の懐にもかなりの額が入っていたことだろう。

「大学の理事会や常務会で何度か見かけましたが、会社で見ることはほとんどなかった。口数の少ないおとなしい人で、見かけた時は黙々と仕事をしていた。宴会でもあまりお酒を飲みませんでした」

同社に内田氏の取締役就任の理由など質問状を送ったが、期限までに回答はなかった。アメフト部の監督の座はなげうっても、「カネのなる木」の取締役の座は絶対に譲れないのかもしれない。

本日の逸品

活〆グレ(メジナ)

IMG_3521

脂のって美味!

KIMG0670

旨い純米酒と合わせください。