【輸入車関税25%】

皆さんこんにちは。
雨模様
今日の記事
トランプさん 滅茶苦茶な事言う
トランプ大暴走 輸入車関税25%で国内メーカーは大打撃
トヨタ自動車の豊田社長(C)日刊ゲンダイ
トヨタ自動車の豊田社長
トヨタ自動車の豊田社長(C)

 トランプ米大統領が突き付けた自動車の輸入制限に、国内メーカーは大慌てだ。現在、米国が課している輸入車(乗用車)の関税は2・5%だが、トランプ政権は25%への引き上げを検討している。

「日本から米国へは180万台近くが輸出されています。日本メーカーへの悪影響は計り知れません」(経済評論家の杉村富生氏)

トヨタ自動車は、国内生産の約2割に相当する71万台(17年実績)を米国に輸出している。SUBARUは35万台、日産は35万台(北米)、マツダは28万台(北米)だ。

「トランプ大統領は自動車関税の引き上げをかなり高い確率で実行すると思っています。11月の中間選挙に向け、最大のアピールポイントだった米朝首脳会談を中止したいま、自動車関税を引き上げ、貿易赤字削減を強調してくるはずです。25%の関税分を誰が負担するのか。販売価格に上乗せしたら、競争力はなくなり、クルマは売れなくなります。メーカー側が10%分ぐらい背負うことになるでしょう」(経済ジャーナリストの井上学氏)

自動車メーカーはコストアップを強いられ、その分、利益は圧迫される。ドイツのIFO経済研究所は24日、輸入制限が発動された場合、日本は国内総生産(GDP)が最大で5450億円減少すると試算した。

「日本メーカーにとって最も怖いのは、米国工場を新設させられることです。1000億~3000億円の投資が避けられない上、“トランプ政権後”を考えると、かなりのマイナスです。保護主義が後退すると、自動車を低コストで生産できるメキシコが再び脚光を浴びるでしょう。日本メーカーのライバルとなる中国メーカーがメキシコで生産を始めたら、米国市場における日本車の競争力は完全に失われます」(井上学氏)

メキシコの労働力や物流費は低く、米国に比べ6分の1のコストで自動車生産が可能といわれる。

輸出産業の代表格である自動車メーカーの業績悪化は、景気全体に影響を及ぼしかねない。

日本経済はお先真っ暗だ。

本日の逸品

鰆(さわら)5kもん

IMG_2069 IMG_2061

脂もあり美味!

西京味噌漬けでお召し上がりください。