【ホラー映画DVD】

8月12日(日)

皆さんこんにちは。

今日の記事

暑い夏には最適

お好きな方は参考にしてみてください。

批評家が厳選…猛暑の夏に背筋が凍る「恐怖映画DVD」特集

2018年8月11日

「アナベル 死霊人形の誕生」8月8日リリース ブルーレイ 2381円+税/DVD 1429円+税 ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
「アナベル 死霊人形の誕生」8月8日リリース ブルーレイ 2381円+税/DVD 1429円+税 ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

拡大する

 この夏、東京で初の最高気温40度超えを記録。さらに埼玉県熊谷市では観測史上最高気温41.1度と、各地で歴史的猛暑が続いているが、そんな寝苦しい夜には恐怖映画がよく似合う。酷暑の夏に背筋が凍る、本当に怖い映画DVDを大紹介!

■ホラー上級者でも悶絶する最恐クラス「アナベル」

最初に紹介するのが、いきなり最強クラスの恐怖映画「アナベル 死霊人形の誕生」。幼い娘を悲惨な事故(このシーンがまたヤバい)で亡くした人形職人が、亡き娘のために作った人形アナベル。時が過ぎ、封印されたアナベルが“眠る”屋敷を訪れたシスターと6人の少女のコワすぎる運命とは!? “黒”と呼びたくなるほどに深い闇の表現が巧みで、その中に何かがうごめく演出は新鮮かつどうしても慣れない。また、悪霊の登場&襲撃パターンがさっぱり読めないため、上級者でもかなりキツい。終わりに近づくほどシャレにならない怖さになるので、最後まで見るには相当な覚悟が必要だ。

「ゲット・アウト」は奇妙な屋敷を訪れてしまった男の悲劇を描くサスペンス。写真家として活躍する黒人のクリスは、初めて白人の恋人ローズの実家を訪問する。大歓迎を受けたはいいが、いまどき黒人の使用人を置いているなど、やがて一家に違和感を覚え始める。シュール感あふれる展開で翻弄しつつ、唐突に恐怖シーンやギャグを入れ込む異様な作風。伏線&ミスリードも抜群にうまく、ラストのどんでん返しに驚愕したあと最初からもう一度見ると、まったく別の映画に見えてくるという仕組み。そしてそれこそが、実は一番恐ろしい……。

■誘拐シーンのリアリティーに胃がきしむ「チェイサー」

小さい子供がいる方はノンストップスリラー「チェイサー」が一番怖いかもしれない。のどかな公園、楽しく遊ぶわが子から一瞬目を離すと、もうそこに子供はいない。青ざめて捜し回るママの目に、今まさに車に引きずり込まれる坊やの姿が入る。この誘拐シーンのリアリティーと恐ろしさたるやハンパではない。そこから彼女の悲壮なる追跡劇が始まるが、警察を呼ぶ暇も、車を止める手だてもなくひたすら高速を追いかけるのみ。相手を見失う恐怖の中、ガソリンと時間はむなしく消費され続ける……。演技派女優ハル・ベリーの面目躍如、上映94分の間、胃が痛むような緊張感がずっと持続する。

■“オンナの怖さ”がトラウマになる「イニシエーション・ラブ」

同じ女性でも“オンナの怖さ”をトラウマレベルで植えつけるのが「イニシエーション・ラブ」。バブル時代を舞台にした、合コンで出会ったカップルの初々しい純愛ドラマ……だと思って見ていると、後半きっと死ぬほどビックリするはず。原作者・乾くるみ自らアイデアを出したという、この映像ならではの大トリックには、たとえ原作既読者でも唖然呆然だ。

最後はホラーの名手イーライ・ロス監督が、伝説のキワモノ映画「食人族」をインスパイアしたスプラッター「グリーン・インフェルノ」。ジャングルの先住民を保護しようとした環境活動家たちが、逆に彼らにつかまり食われてしまう。仲間の美人が次々と食われる絶望的な展開が、いかにも古典ジャンクムービー的でたまらない。実際にアマゾンの奥地でロケ撮影、食人族役は現地の未開部族に演じさせた。「リアルに撮れた」と喜んだスタッフ全員が謎の病気にかかってしまったという恐怖裏話を念頭に、ぜひ楽しんでほしい。

本日の逸品

富山産 白えびのかき揚げ

IMG_1320

上品な味をご堪能下さい。