【上野頼み】

8月13日(月)

皆さんこんにちは。

お盆に入っても暑い

今日の記事

はらはらして見ていた

女子ソフトの子達は男子以上に練習キツイ練習している

めちゃくちゃ根性あると思う。

上野投手 北京五輪の時26歳 現在36歳

可哀想だ。そりゃ無理だ。

次のエースを育てないと 永遠にアメリカに勝てない

エース上野酷は使の限界…東京五輪ソフト金は若手育成が急務

550球目で力尽きたエース上野(C)共同通信社
550球目で力尽きたエース上野(C)共同通信社

拡大する

 米国の壁は厚かった。

12日、世界女子ソフトボール選手権決勝で米国に6―7でサヨナラ負け。4年ぶりの王座奪還とはならなかった。

先発に起用された上野由岐子(36)は決勝前まで6試合で防御率0.00。しかし、三回に逆転3ランを打たれて初失点を喫すると、タイブレークに入った十回裏に痛恨の3失点。今大会550球目で力尽きた。

「何とか期待に応えたかったが、申し訳なかった」と話した上野は、決勝の3時間半前に終了したカナダとの3位決定戦にも先発し、87球7回無失点。敗者復活で決勝に進出したが、さすがに疲労困憊だった。

36歳のベテランがここまで酷使されるのは、エースの後進育成が滞っているからだ。今大会では勝股美咲(18)や藤田倭(27)らの若手も先発したものの、上野を脅かすには至らない。北京を最後に五輪競技から外れたことも育成速度を遅らせた。

11日の準決勝で米国に負けた際、宇津木麗華監督は「上野を投げさせれば勝っていたかもしれないが、上野以外の投手をつくらないと2020年にはつながらない。(先発の藤田に)『上野はいないと思って投げてほしい』と伝えた」が、結局、困ったときの上野。5人の継投策を講じた米国とは対照的だった。

2年後の東京五輪を38歳で迎える上野は以前、日刊ゲンダイの取材にこう話していた。

「みんな(金メダルを獲得した)北京のときの自分をイメージしていると思うんですけど、10年前ですよ? 正直、10年前の自分を期待しないでほしい。後輩には早く自分に追いついてほしい。そう思いながらも、自分が動かないと注目されないことも分かっているので……」

上野に続く若手の台頭が東京五輪金メダルの最低条件だ。

本日の逸品

今が旬

岩牡蠣(いわがき)

IMG_1565 (2)