【台風通過中】

9月4日(火)

皆さんこんにちは。

台風が通過

どの位風が吹くか? 皆様お気を付けください。

今日の記事

今が買い時

9月の家電バーゲンは絶対お得 プロに傾向とコツを聞いた

半額になるか!(C)

拡大する

 9月に入った。紳士服などデパートの夏物バーゲンといえば6月末からが定番。百貨店業界が夏のボーナスをアテ込んでのもので、近年は7月末に第2弾が開催されるケースも増えている。

では、「9月のバーゲン」は、どの業界かご存じ? 正解は家電量販店だ。その理由は、この時期に大手家電量販店の決算期が集中しているため。決算セールでたくさん売って売り上げ増を狙うわけだ。生産終了品や型落ちの旧モデルは「20~30%引きは当たり前」といわれている。

もうひとつ、注目点がある。連載「愛しの家電日誌」(隔週金曜)でお馴染みの家電コンシェルジュ・神原サリー氏がこう言う。

「9月の終わりから10月にかけては、冬のボーナスに向けて家電の新商品が出そろう時期。私たちも発表会ラッシュで毎年大忙し。例年、型落ち品が底値になるため、この時期のバーゲンは見逃せません。

去年の秋以降、白物家電は好調ですが、バーゲンで一番の狙い目は大型家電でしょう。たとえば、省エネ性が高いドラム式洗濯機や500リットル以上の高級大型冷蔵庫です。
冷蔵庫のいいモノは30万円くらいの価格ですが、10万円の値引きは当然。場合によっては半額近くまで値下げします。現品限りが多いので、なくならないうちに見つけるのがコツです」

あくまで一般論だが、洗濯機や冷蔵庫などの寿命は10年といわれる。購入後、10年経っている人は欠かさず広告をチェックすべし。

また、高級大型家電の方がより省エネ化が進む傾向にある。これは「メーカー側が高い商品を買ってもらいたいから」(神原サリー氏)だが、長期的に考えればランニングコストは確実に下がる。来年は消費税アップが待ち構える。大型家電を格安に手に入れるラストチャンスかもしれない。