【氷の男と炎の男】

9月13日(木)

皆さんこんにちは。

鬱陶しい天気が続きます。

今日の記事

🎾ファン必見です!

大坂なおみフィーバーのいま必見「ボルグ/マッケンロー」

「ボルグ/マッケンロー氷の男と炎の男」(C)AB Svensk Filmindustri 2017
「ボルグ/マッケンロー氷の男と炎の男」(C)AB Svensk Filmindustri 2017

拡大する

 テニス界最大の大会である全米オープンの女子シングルスは大坂なおみ(20)が“女王”セリーナ・ウィリアムズ(36)を破り初優勝を飾った。4大大会(グランドスラム)シングルス制覇は日本テニス史上初の快挙。試合はセリーナが審判への抗議や暴言だけでなくラケットを破壊するなど大荒れ。冷静にゲームを運んだ大坂とのメンタルの差が勝敗を分けたが、テニスはまさにメンタルスポーツであることを突きつける映画が公開中だ。80年代のテニスシーンを描いた映画「ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男」。華やかな大会の表舞台からは想像できないトップ選手の内面をえぐる衝撃的な内容が話題となっている。

往年のテニスファンにとっては語り草というべき「テニス史上最高の名勝負」こと1980年のウィンブルドン決勝戦。5連覇を狙う王者ビヨン・ボルグと、若く破天荒なジョン・マッケンローの2人は、「氷と炎」といわれるほど対照的なキャラクターだった。当時のマスコミも面白おかしく書き立てていたが、実は2人が似た者同士だったと映画は指摘する。

「冷徹なマシンなどと言われていたボルグですが、じつは王座を奪われる恐怖に悩まされていたそうです。験担ぎの“ルーティン”も、車のシートの素材にケチをつけるなど病的なまでにエスカレート、劇中ではほとんど神経症のようになっていく様子が描かれておりショッキングです。一方のマッケンローも、親友らに去られ独りぼっちで戦っていた。世界を敵に回すかのような悪童ぶりの裏にはさまざまな苦しみもあったというわけです。あまりに孤独すぎた彼らの実情を、ドキュメンタリー出身のヤヌス・メッツ監督が、胃が痛むような心情描写を重ねて見せてきます」(映画批評家の前田有一氏)

■自分一人での戦い

テニスはひとたび試合が始まれば、コーチも観客席に追いやられ、選手に助言を与えることさえ禁止されるスポーツだ。今年の全米オープンでも、熱中症対策の休憩中にコーチと話をしていた選手に、対戦相手がクレームをつけたり、大坂に敗れたセリーナも審判からコーチの身ぶりが「コーチング」違反と警告されたことから試合を壊してしまった。選手はどんなピンチに陥っても自分一人ではね返さなくてはならないのが鉄則なのだ。

「この映画が突きつけてくるのは、伝説的な名選手2人が、まさにその孤独に、いかに苦しめられていたかということです。見ている側が先に心折れそうな緊張感あふれる決勝戦の展開、その結果とラストシーンは、だからこそ物凄い感動があります」(前田氏)

暑さも一服し、スポーツの秋が到来。大坂の活躍に刺激されたテニスファンには必見の作品だ。

本日の逸品

琵琶湖産 本もろこ

KIMG0771

IMG_2070

太く食べ応えあります。