【さんま再高騰】

9月14日(金)

皆さんこんにちは。

今日の記事

また値上がりしました

豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

なぜ遠洋へ?(C)共同通信社
なぜ遠洋へ?(C)共同通信社

拡大する

 サンマの値段が上がっている。北海道はサンマの水揚げ量日本一。北海道胆振東部地震の影響が尾を引き、サンマの価格が高騰しているのだろうか。

「地震による停電や物流停滞など、サンマ漁への影響は解消されてきています。価格の高止まりは、サンマの群れが北海道近海から離れ、不漁が続いているためです。8月末の豊漁が一転、9月に入って群れが近海に近寄らなくなったのです」(水産庁・漁政部加工流通課)

築地市場の北海道産生サンマの卸売価格(中値)を見れば一目瞭然。

〈表〉の通り、8月末の1キロ400円台が、9月に入りうなぎ上りである。

■発生を見越して遠泳に逃泳か

ここであることに気づく。6日未明に発生した大地震の数日前から卸値は上昇。つまり、8月末に北海道近海にいて豊漁をもたらしたサンマたちは、大地震を見越して近海を離れたのだ。サンマが地震前に何らかの異変に気づき、遠洋に逃げたのではないか――。水産庁は「今のところ、庁内でそのような“説”は聞いたことがありませんね」(加工流通課)と答えたが、立命館大学環太平洋文明研究センター教授の高橋学氏(災害リスクマネジメント)はこう言う。

「人間以外の生物は、人間が感じないわずかな揺れやにおいなどを察知して、行動を起こすことがあります。これまでも、地震の直前に、深海魚、クジラ、イルカ、大量のイワシなどが浜にあがる現象が確認されています。今回、サンマが海流の変化や揺れなど“異変”を感じ、移動した可能性は否定できません。ただ、知見はない。今後、魚の群れの動きと地震の関係の事例を蓄積していく必要があるでしょう。魚の群れは、世界中の漁師が常時追いかけている動きです。地震と結び付けて予知に役立てることは一考に値すると思います」

地震の前に、イワシは浜に、サンマは遠洋に移動する――。魚が教えてくれるヒントが役立つ日はやってくるのか。とりあえず、サンマがスーパーで値上がりしたら、要注意だ。

本日の逸品

さんま刺身

IMG_2298

脂あります。