【ひがしへくだる】

9月25日(火)

皆さんこんにちは。

昨日は15夜の満月でしが雲に隠れて見えなかった。

今晩はお月さん綺麗に見えるかな?

今日の記事

「ヒガシへクダル」

未だに洛中の人は「都」の意識が強い

明治維新まで日本の首都は京都

天皇さん江戸に行幸に行ってはるだけでまだ帰ってきてはりません。

幕末孝明天皇の妹・和宮が徳川13代将軍家茂に嫁入りのことを降下と言った「和宮降下」と言った

早稲田大学の校歌を鼻で笑う一部の「京都至上主義者」

2018.09.25 07:00

今でも東京出張を「東下り」と言う京都人もいる(時事通信フォト)

「アンチ東京」では通じ合える京都と大阪だが、実はお互いに反目し合っているという。一筋縄ではいかない関西人の「東京ぎらい」を、国際日本文化研究センター教授の井上章一氏が独自の視点から読み解く。

* * *
京都の洛中には、東京をあなどりたがる人びとが、少なからずいる。たとえば、彼らは東京への出張を、しばしば「東下り」と言いあらわす。

〈このあいだ仕事で、東京へ行ってきたんや。えらい、つかれたわ〉
〈東下りか、そら、御苦労さんやったな〉

以上のようなやりとりを往来で耳にすることが、ままある。この街は、京都が都であった時代の「関東下向」という観念を、まだなくしていない。

実際には、彼らも東京へ行く場合、たいてい新幹線をつかっている。その「上り」にのってきた。「上り」を利用しつつ、「東下り」と言いたがるのは、一種の負けおしみであろう。だが、そういうくやしまぎれの自尊心は、今なお健在である。

早稲田大学の校歌をいぶかしがって見せる町衆とも、でくわすことがある。

〈都の西北、早稲田の森に、てあいつら歌うとるやろ。あれ、おかしいで。早稲田なんて、都の東、それも端の端やないか〉

都は今でも京都。東京は都じゃあない。そう想いたがる京童(※注)は、早稲田を都の東側に位置すると言いはなつ。その立地は京都盆地の外、東山のずっとむこう、鈴鹿よりまだ東の辺境にある、と。

※注/原意は京都に住む口さがない若者を指す言葉。〈きょうわらべ〉〈きょうわらわ〉とも読む。

一部の京都至上主義者は、明治維新による東京遷都をみとめない。遷都の勅令は、これまで一度も公布されてこなかった。その一点をよりどころとして、まだ都は京都におかれていると言いつのる。東京にある皇居は、天皇一家の行在所、外出先の仮宮でしかない、と。早稲田の森を都の東側だととらえるのも、そんな観念のたまものである。

くりかえすが、京都の洛中人士は、東京を見下しやすい。しばしば、東京を軽んじる口吻に興じることがある。聞きようによっては、東京をきらっているのかなと、感じなくもない。しかし、その根っ子は、彼らの喪失感にある。

東京に都の座を事実上うばわれたことは、もちろん、京都の人びともわきまえている。だが、それをみとめたくないという想いはなかなかきえさらない。この心模様が、反東京論的な物言いに、彼らをつきうごかすのだと考える。東京の人びとには、だからおねがいしておこう。どうか、彼らの言動を、勝者のゆとりでおおらかに聞きながしてもらいたい、と。

昔は自分たちのほうが、かがやいていた。だが、今は東京におくれをとっている。こういう想いなら、大阪の人びともいだいている。

じっさい、旧幕時代に大阪の経済力は、江戸を凌駕していた。二〇世紀のなかばごろまでは、東京と互角にはりあってもいただろう。だが、二〇世紀の後半に、大阪はその地位をてばなした。今の経済指標を東京と大阪でくらべれば、十対一ぐらいになっていよう。

大阪に本社をおいていた大企業も、たいていその拠点を東京へうつしている。大阪は、ここ半世紀ほどの間で、多くの本社を東京にうばわれた。かつて大阪にあった本社は、その多くが大阪支社になっている。まあ、名目的に大阪本社という名をたもたせている東京への移転組も、なくはないのだが。

多くの業種で、優秀な人材は東京へあつまるようになった。大阪はおきざりにされている。そういった社会情勢が要因となって、大阪における東京への反発は増幅されてきた。東京批判の言い草も、劣位におかれた者がきしませるごまめの歯軋りだと言ってよい。

東京にたいして、強がってみせる。その言いっぷりは、けっきょくのところ引かれ者の小唄でしかない。この点で、京都と大阪に浮上する反東京論的な言辞は、たがいにつうじあう。質はちがうが、似たようなものだと言ってよい。

神戸は新しい街である。かつて、何らかの点で東京を上まわったという歴史的な実績はない。もちろん、東京においこされたという記憶も、街にいきづいてはこなかった。

だから、神戸が東京におよばないことをなげく心性は、めばえにくい。東京へ敵愾心をいだく度合いも、京都や大阪ほどには強くないと考える。

●いのうえ・しょういち/1955年京都府生まれ。京都大学工学部建築学科卒業。同大学院修士課程修了。建築史、意匠論が専門。『関西人の正体』『つくられた桂離宮神話』『美人論』『南蛮幻想』『京都ぎらい』など著書多数

本日の逸品

冷やし冬瓜煮

IMG_1642

お出汁吸って旨い!

IMG_0882