【猛獣は猛獣】

10月11日(木)

皆様こんにちは

明日から寒くなるようです。

お気を付けください。

今日の記事

どんな状況やったんやろ?

所詮は猛獣 一緒にいたらあかん

職員襲ったホワイトタイガー 1頭の値段や食費はいくら?

公開日:
リク(鹿児島市平川動物公園提供)/(C)共同通信社
リク(鹿児島市平川動物公園提供)/(C)共同通信社

拡大する

 鹿児島市の平川動物公園で、飼育員の古庄晃さん(40)がおりの中でホワイトタイガーに襲われて死亡した事故。動物園側が9日会見を開き、事故の詳細を明らかにした。

動物園の説明などによると、古庄さんを襲ったホワイトタイガーは、5歳のオスの「リク」で、体長1.8メートル、体重170キロ。園のルールでは、同じ空間に人とトラが一緒にならないことになっているが、事故当時、何らかの原因で古庄さんとトラが鉢合わせになった可能性があるという。園では毎週1日だけ餌を与えない「絶食日」を設けていて、事故が起きた月曜日は「絶食日」だった。

来園者の人気投票で肉食獣部門の1位となったこともある「リク」。人気者だったおかげかどうかはともかく、古庄さんの遺族からも「(そのまま)飼育してください」と言われ、辛うじて殺処分を免れた。

国内では約40頭が飼育されているとされるホワイトタイガー。見た目の珍しさから、全国の動物園の目玉となっているが、飼育には一体どのくらいのカネがかかっているのか。平川動物公園によると、飼育している4頭のホワイトタイガーには、鶏肉や馬肉を1頭当たり1日4、5キロ与えているといい、その食費は月5万円ほど。ホワイトタイガー自体は一体、いくらで取引されているのか。「動物の値段」(角川文庫)の著者で、動物商「レップジャパン」代表取締役の白輪剛史氏はこう言う。

「ホワイトタイガーの相場はだいたい1頭1200万円から1500万円といったところでしょう。見た目のかわいらしさから、人気が高いようです。金銭での動物取引額はタブー視されているため、動物そのものの値段は隠されやすく、書類代や輸送費などの経費に含まれた取引が多いようです」

残念な事故という以外にない。

本日の逸品

淡路産 黒だい(チヌ)

IMG_2434

薄造りでご賞味ください・